このブログは、私が作った作品を載せています。
下書き無しで、ハサミで形を切り抜き、それを折ったり貼ったりして形にした立体作品が中心ですが、貼り絵や切り絵の様な作品や、いわゆる紙切りを含む平面的な作品も作っています。
全ての作品に共通しているのは「下書き無しでハサミで切る」なので、長いこと「立体紙きり」という呼称を使ってきましたが、「切り紙クラフト」と言った方が解り易いでしょうか。

子どもの頃から、生き物が好きで、冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から我流で始めたものです。
その「自分の一部として授かり、この世に生まれてきた痕跡」を残しておこうかな〜、って感じで、はじめたブログです。よろしくお願いします。
*タイトルをクリックすると、トップページに移動します
*画像をクリックすると全体像や画像一覧が見られます。…運営側のサービス停止により画像一覧は見られなくなりました。
*機能上、拍手コメントへの返信が出来ませんのでご了承ください。

2010/8/24

エンドリケリー  

堂本剛じゃないぜ?

本物っていうのも変だけど、魚の方。
ポリプテルス・エンドリケリー。

本体の鱗を作るあたりまでは、一気にやったんですけど、その後、数日放置してしまって、やっと完成(^^ゞ
パーツは、本体・各ヒレ・腹・眼です。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっとショートボディぽくなっちゃたなぁ。

模様の部分も鱗を作りん込んでます。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、この魚、硬鱗って言う硬い菱形の鱗をしてます。

私の作品は、いつもは隙間が多いんですが、今回は、珍しく殆ど無いのです!
クリックすると元のサイズで表示します

腹側もこの通り!
クリックすると元のサイズで表示します

ちと、鼻管がちゃちだったな(^^ゞ
クリックすると元のサイズで表示します

解説。
Polypterus endolicheri
アフリカに住む、ちょっと古いタイプの魚。
空気呼吸ができて、子供のうちは外鰓(ウーパールーパーみたいな)があるけど、ハイギョの仲間ではない。
もちろん、両生類じゃない。
あ〜ライギョでもないので。念のため。

ポリプテルスって、沢山のヒレという意味で、見たまんま。
熱帯魚飼う人には、普通の存在なので、実物が見たければ、熱帯魚屋に行くのが手っ取り早しです。
3

2010/8/20

昔話  

作品を作ってるんだけど、遅々として進まずアップが遅れてるので、少し昔話でも。

このブログのヘッドに書いてある通り、私がこういうことを始めたのは、4歳くらい、1970年頃。
時期があいまいなのは、記憶があいまいだからだけれど、5歳の誕生日頃にヒョウを作ったのを覚えているので、その前からなのは確か。

「冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から我流で始めたものです。」
このくだり、少し端折ってる部分があります。

実際は、「冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、父にねだり、作ってもらったが、触角が短いの、脚のバランスが違うのと細かい文句をつけたので、音をあげた父が、切り方の手ほどきをして幼稚園入園前から我流で始めたものです。」
が正しい。

なので、父は切れるはずです。
当時、30代前半だったから、それで続けて切っていれば、川合工房さんと同じきっかけでしたね。
でも、私が作るようになった後、父が何か作った事は無いので、多分、下手ナンダロウナ(笑)

で。
父がどこで、こういうことを思いついたか。
聞いてみたら、勝手に思いついたそうです。

ず〜っと私は原典があると思っていました。
というのも、こういう本が家にあったから。
当然ですが、もう絶版になっている本で、1966年刊行らしいです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

基本は折り紙の本ですけど、↑のような切紙が幾つも載っていたので、これがヒントか?と勝手に思っていました。
そうではなくて、この本は、あとから母が買ってきたそうです。
結局、私が参考にした事は、なかったんですけどね。

当時は全然興味なかったけど、折り紙に切りこみを入れて作る作品が幾つもあったりして、今見ると、結構、面白いです。

この本、一番素敵だなぁ、と思うのは、編集者の名前。
「日本紙芸研究会」

「紙芸」
この言葉の響きが大好きです♪
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ