このブログは、私が作った作品を載せています。
下書き無しで、ハサミで形を切り抜き、それを折ったり貼ったりして形にした立体作品が中心ですが、貼り絵や切り絵の様な作品や、いわゆる紙切りを含む平面的な作品も作っています。
全ての作品に共通しているのは「下書き無しでハサミで切る」なので、長いこと「立体紙きり」という呼称を使ってきましたが、「切り紙クラフト」と言った方が解り易いでしょうか。

子どもの頃から、生き物が好きで、冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から我流で始めたものです。
その「自分の一部として授かり、この世に生まれてきた痕跡」を残しておこうかな〜、って感じで、はじめたブログです。よろしくお願いします。
*タイトルをクリックすると、トップページに移動します
*画像をクリックすると全体像や画像一覧が見られます。…運営側のサービス停止により画像一覧は見られなくなりました。
*機能上、拍手コメントへの返信が出来ませんのでご了承ください。

2010/7/31

サプライズ!  

本日、展示の撤収に行ってまいりましたが、展示作品はほとんど持ち帰りませんでした(^^ゞ

なぜかと言うと!

今回の展示を凝縮して、JR「葛西臨海公園駅」に常設展示していただくことになりました!
まさしくサプライズプレゼント!!
クリックすると元のサイズで表示します

設置場所は改札のすぐそば、一等地です♪
このブログに載っている作品群の一部を、いつでも見ることができます(^^)

それと、次の企画展「昆虫水族館─里山のなかまたち」に、淡水ケース用に作った作品が、引き続き展示されるかも?
同じ展示には、先日まで載せていたカマキリも展示される予定です(^^)

展示のご案内は、↓です。

 「昆虫水族館─里山のなかまたち」

会期 2010年8月7日(土)〜29日(日)
  
場所 葛西臨海水族園本館2階「レクチャールーム」

展示生物 タガメ、ゲンゴロウ、メダカ、
     ニホンアマガエル、イモリ、
     ニホンイシガメ、カブトムシ、
     ノコギリクワガタ ほか

他にも数点の作品を水族園に残してきましたので、もしかしたら、どこかで目にすることがあるかも?

しかし、このような形で、継続・発展していくとは、想像もつきませんでした。
幾つもの幸運もありますが、一歩踏み出すということの大切さと、人とのつながりの大切さを、とても感じたイベントでした。

繰り返しになりますが、ご観覧いただいた皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。
1

2010/7/30

展示会終了!  

4月末から準備を始めた展示会、とうとう終了いたしました。
繰り返しになりますので、細かい内容は書きませんが、無事、展示を終えられましたのも、いろいろな皆さんのお陰です。

またご来場いただいて、このブログを見てくださっている方もいるかもしれません。
改めて感謝いたします。

今日まで展示の全ては、あえて掲載しませんでしたので、掲載しておきます。

入口入ってすぐのところに、作者の紹介と名刺、チラシなどが置いてありました。
クリックすると元のサイズで表示します

入口から見て、L字に作りつけのケースが並んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します

手前から、外洋の魚たち。
クリックすると元のサイズで表示します

近海魚。
クリックすると元のサイズで表示します

サンゴ礁。
クリックすると元のサイズで表示します

突き当りが甲殻類。(上層がさびしいので、なべさんのサメたちが泳いでいます。)
クリックすると元のサイズで表示します

角を曲がって、こんな感じ。実際には、部屋に入ると全部見渡せるんですけどね。
クリックすると元のサイズで表示します

甲殻類の発生
クリックすると元のサイズで表示します

深海魚
クリックすると元のサイズで表示します

淡水の水辺
クリックすると元のサイズで表示します

海鳥
クリックすると元のサイズで表示します

ふり向くと反対側の壁に、古代生物
クリックすると元のサイズで表示します

そして、どのカテゴリーにも入らなかった作品例
クリックすると元のサイズで表示します

これが展示の全てです。
沢山の方に見ていただきましたが、実際、どんな感想を持ったのか、アンケートとか取りたかったな〜。

明日撤収に行ってきます!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ