このブログは、私が作った作品を載せています。
下書き無しで、ハサミで形を切り抜き、それを折ったり貼ったりして形にした立体作品が中心ですが、貼り絵や切り絵の様な作品や、いわゆる紙切りを含む平面的な作品も作っています。
全ての作品に共通しているのは「下書き無しでハサミで切る」なので、長いこと「立体紙きり」という呼称を使ってきましたが、「切り紙クラフト」と言った方が解り易いでしょうか。

子どもの頃から、生き物が好きで、冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から我流で始めたものです。
その「自分の一部として授かり、この世に生まれてきた痕跡」を残しておこうかな〜、って感じで、はじめたブログです。よろしくお願いします。
*タイトルをクリックすると、トップページに移動します
*画像をクリックすると全体像や画像一覧が見られます。…運営側のサービス停止により画像一覧は見られなくなりました。
*機能上、拍手コメントへの返信が出来ませんのでご了承ください。

2008/6/4

ヒメハブ  両棲・爬虫類

これもまた嫌いなヒトも多いと思うけれど(^^ゞ
ヘビというのは、作るのが簡単と言えば最も簡単な部類に入ります。
ちょっと前方を膨らませて、あとはまっすぐ切るだけで、コブラに見えますから(笑
クリックすると元のサイズで表示します

しかしリアルに作ろうとすると、かなり難しいものでした。
体をくねらせるのに、平面的に切ったりしたんですが、イマイチでした(2006/7/3のガラガラヘビ参照)
平面的に切るとどうやっても胴体を上下に重ねられないので、ポーズに限界がありました。

で、先日来作っているポーズをとらせる方法を応用して作ったのが、今日の作品。
やっぱり、各部位ごとの実際の動きを作り出す方が、無理なく仕上がるようです。
1ピース、糊付けあり。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

本当は、ヒメハブにする心算じゃなかったんだけど、ポーズつけてたら寸詰まりなってしまって(^^ゞ
長いのも作ろうと思ってます(笑
0

2008/6/3

タマオヤモリ  両棲・爬虫類

ヤモリシリーズ その4です。
こういう系統は、あまり好きでない方もいらっしゃると思いますが、暫くはご勘弁を(^^ゞ

今日のモデルは、タマオヤモリ。
名前の由来は、尻尾の先に”玉”がついていること。
玉緒ではありません。
オーストラリア原産で、大きな黒目がち(に見える)の目と、いつも困ったような表情(に見える)の顔、頭が大きく幼児的な体形で、その筋では人気がありますw
非常に大雑把に言って、オニタマ系=オニタマオヤモリ系(ラジオ番組ではありません)とナメタマ系=ナメハダタマオヤモリっていう二系統があって、今回はナメタマ系。

ま、前置きはさておいて。

1ピース、糊付けありです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

困ったような目のつくりに失敗しているのと、頭と体のバランスが若干デフォルメ気味になってます(^^ゞ
特に体は、もう少し作りこまないとかな〜。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ