このブログは、私が作った作品を載せています。
下書き無しで、ハサミで形を切り抜き、それを折ったり貼ったりして形にした立体作品が中心ですが、貼り絵や切り絵の様な作品や、いわゆる紙切りを含む平面的な作品も作っています。
全ての作品に共通しているのは「下書き無しでハサミで切る」なので、長いこと「立体紙きり」という呼称を使ってきましたが、「切り紙クラフト」と言った方が解り易いでしょうか。

子どもの頃から、生き物が好きで、冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から我流で始めたものです。
その「自分の一部として授かり、この世に生まれてきた痕跡」を残しておこうかな〜、って感じで、はじめたブログです。よろしくお願いします。
*タイトルをクリックすると、トップページに移動します
*画像をクリックすると全体像や画像一覧が見られます。…運営側のサービス停止により画像一覧は見られなくなりました。
*機能上、拍手コメントへの返信が出来ませんのでご了承ください。

2007/6/19

オサムシ-2  甲虫

昨日掲載の作品に使った素材、ビニール紐の応用例です。
応用例、っていうか思い付きですけどね(笑

モデルはオサムシです。
ベースは、黒い紙で1ピースで作り、頭・胸は緑のホイル紙を貼って、翅はホイル紙に置き換えています。
更にホイル紙の上に、ビニール紐を広げたものを貼る事で、翅の彫刻模様を表現しました。
胸と頭には彫刻が無いので、平たいビニールテープを貼ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します

今回、赤いビニール紐を使いましたが、これにはもうひとつに効果があって、見る角度で赤く見えたり、緑色に見えたりします。
ちょっと画像ではわかりにくいかな(^^ゞ
クリックすると元のサイズで表示します

ビニール紐の色を変えれば、また違う雰囲気の個体が作れます(^^)v
ビニール紐を翅に使うと、セミ、トンボ、ハチなどはリアル感が増しますが、少し扱いが面倒なんでねぇ。
それに着色しないとそれらしくない場合もあるのですが、そういう作品もおいおい作って行きたいと思います。
0

2007/6/18

ハナカマキリ(成虫)-2  カマキリ・バッタなど

昨日の続きで、ハナカマキリを仕上げました。
糊付けすべきところは糊付けし、色付け用に多ピース化、後翅もつけ、威嚇ポーズです。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ところで、この後翅の材質なんだか判るでしょうか?
紙ではありませんが、多分、どのご家庭にもあるものです。
ちなみに着色はしていません。
簡単にわかっちゃうかな(^^ゞ

以前から紙以外の素材で作ったものも少し載せてますが、今後、余裕があれば(紙よりも切り難いので)そういうものも載せていこうと思っています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ