2008/2/21

細雪  

「細雪」の公演を観に行きました。
大阪船場の旧家の四姉妹の人生を描いたこの物語。
谷崎潤一郎原作です。
昭和の古きよき時代の情緒ある世界観が良く出ており、大阪が舞台だけれど言葉がしっとりはんなりと聞こえたのは旧家の女性たちが主人公だからであろうか?
実は大阪ではあまり上演されないみたい。
なぜかというと大阪の人は大阪弁にとっても厳しいらしく、関東の女優の下手な大阪弁を聞いているとこそばゆくなって文句ごうごうだかららしいです。こわっ!
東北人から見るにぜんぜん違和感はなかったですけどね。
衣装や舞台装置がかなり凝っており、素晴らしかったです。
京都、大阪に行きたくなりました。



クリックすると元のサイズで表示します



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ