2005/11/22

今になって語る徳島出張  

何故(?_?)
今になって語るかというと。
…辛かったのよ、あの時は本当。
出張一週間前に風邪を引き、準備に追われつつも結局貴重な2日間もを休む羽目に。
熱が下がらずもこれ以上休んだら自分的にアウトなため出勤、鼻水とくしゃみをマスクでとめながらひたすら準備。そして土曜日に旅仕度、日曜日は早い時間に飛行機の席を取ると安いため早くに徳島入り。
一応空港近くのスパでゆるりとするも次の日早くから現場入り。
初日所以の客対応、そして思いもかけない装置の不具合でしっちゃかめっちゃか(笑)
結局夜中までかかり帰りは徳島ラーメンのみ(夜中に開いてるお店があまりない)。
次の日上司様はお昼から初登場。やっと肩の荷は降りつつも夕飯が客先の接待、小料理屋でもてなされ緊張所以にあまり箸が進まず。(かつて接待されたことなど一度もないし)三日目致命的な問題が残っておりいつ終わるかわからず。しかし遅くはない時間になんとか終わり、出張定例の打ち上げへ雪崩れこむ。
この時点で私はまだ風邪が治っておらず土日ほとんど休まず知らない土地に来たため疲労はピーク、今回徳島は少人数で来たため拒否は許されず、さらに少人数なため一人だけ暗くなったりとかも許されず、なにせ打ち上げだから。
よって飲む。飲む飲む飲む飲む飲む!もう自分でなにがなんだかわかない周りも見えない状態にするためひたすら飲む!徳島名物、スダチの酎ハイをひたすら飲む!
案の定帰る頃はベロベロ、上司様になんかふらふらしながらホテルに戻っていったけど部屋に辿り着いたの?と後から聞かれる。案の定部屋に入ってからは安心してか記憶が一切ない。次の日目覚まし鳴らず(曜日間違えてセットしたため)チェックアウト時間を一時間過ぎてから起きる。取るもの取って急いでタクシー呼んでもらい空港へ直行(やはり飛行機代が安い時間帯のものを事前予約してたため)急いでカウンターで手続き、と思いきや、思いきや…。
こんなこと今までなかった、てゆうかありえなかった。
この歳で恥ずかしながら二日酔いで車に乗ったため車酔いしてしまい、なんとタクシー降りてすぐの入口から入ってこれまたすぐのカウンターで嘔吐しました(u_u)o〃

あーれー(;□;)!!

恥ずかしい…、もうお嫁にいけない(¥△¥;)
その後カウンターでは冷たくあしらわれるも飛行機内では恐ろしいくらいのVIP扱い、客室乗務員(男性)からの空港までのマンツーエスコート。
スカイマークエアラインの人、ありがとう。
こうして私の世にも辛く世にも恥ずかしい徳島出張は幕を閉じましたが、いやはや出張というものは本当に体調の悪いときに行くとひどい目にあいますね。
良い教訓になりましたよ。
でもすだちの酎杯も徳島ラーメンもとっても美味しかったんですよ、本当に!
徳島ではラーメン屋に入ってラーメンを頼むと普通の中華ではなく徳島ラーメンが出てきます。味はさすが南の土地、とんこつがよく聞いているうえに具は味のついた豚肉そのうえに生卵となかなかこってり系でしたがむちゃくちゃうまか棒でした。
機会があればお試しあれでございます!

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ