2008/5/24

花  

最近、ブログの更新が遅れに遅れているなぁ…、コメントへのお返事も滞りがちでどうもすみませぬm(_ _;)m

もうだいぶ過ぎてしまったが、フラワーデザインを習う。
母の日の贈り物にしようと画策したのです。
荒吐ロックフェスでオブジェを手がけた斎女史に師事。
職人気質で余計なことに気をとられず良いものを作るためだけに突き進んでいる人。そのやわらかく愛らしい外見からは想像もつかなかった、根底に何かに対する怒りがあるのだろうか?思わずこちらがだいじょぅぶですよ、と肩にカーディガンをそっとかけたくなる孤軍奮闘のアーティスト、そして花の生かし方や花そのものを非常に愛している真面目で真摯な女性でした。

クリックすると元のサイズで表示します
桜の木材のみで作ったらしい荒吐フェスのオブジェ。

外に咲いている、または落ちている自然のものをそのままの姿で、型にはめることなく自分の個性を生かして作り上げてゆく。
それがコンセプト(言い回しはわたくし流ですが)。

しかし意外と難しい。
格闘に格闘を重ねたが、時間切れ。
結局解体し、家に持ち帰って再度チャレンジ。
そして出来上がったのがコレ

クリックすると元のサイズで表示します

下のからたちは野から(許可あり)で取って来たもので、バラバラにして蝋でかためたものです。下の受け皿も家にあるものでよいと言われて超適当に見繕いました。
しかし個性が、自由に、と言われながら、でもどこかで見たような形になってしまったような気がする…。
ものを作るって本当、難しい…。
現在も玄関に飾っております。
先生に教えてもらったとおりの花の切り方をしたら、すごい長持ちしております。

そして作る途中切り取った花弁もちゃんと利用。

クリックすると元のサイズで表示します


こちらは自分の部屋に。
残らず余らず生かすのもコンセプト


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ