2008/2/12

マドンナ  

今日、何年かぶりに元彼のマドンナを見かける。
子連れでした。
マックのちびっ子遊具コーナーでママ仲間と赤子をひざに抱いて座談会を開いておりました。
私が元彼と付き合っているときに結婚して、二次会にも御呼ばれしてくじ引きで当たったため、その場でお祝いスピーチまでさせられた、ほとんど知らない人なのに(笑)
元彼の予備校時代の仲間の中の紅一点で、すごい美人。
その当時の仲間(男子)は全員その子が好きだったという、かなりの美人でカリスマ的存在。
その仲間のうちの一人と付き合い始め、結局結婚まで行き着いた。
予備校を出て大学に行ってからも毎年必ずみんなで集まって、すごい仲の良い仲間って感じ。
その当時の仲間にはそれぞれ彼女がいるが、仲間で集まると当時のようにみんながみんな彼女をお姫様扱いする。
なんか本当、ドラマみたいな世界だったのですが、私的にその仲間に紹介され、実際私の彼氏含めみんなが彼女をお姫様扱いするところを目の当たりにしていると、なんで私はここにいるのかなぁみたいなすごいしらけた気分になったものだ。

そのマドンナがまた男子の扱いなら全然オッケーっぽいけど、女の子と話せないタイプで、仲良くなれたら私もあまり変な気を使わなくなるだろうけれど、私と話しにくそうにしてて実際話してみると全然話もかみ合わないから、なんかますますイヤになっていった記憶があります。
はっきり言って私もそういう長く続く仲間がうらやましいというか少々やきもちもあったのでしょうけれど、でもあんまりにも完璧に女王様で、自分の彼氏が彼女のしもべ的行動を取ってるのを目の当たりにするとやはりなんだか面白くない。今思うとたぶんもうくせなんだろうね、あぁいうのって。

なんだかいろいろ思い出したけれど、相変わらず綺麗で一児の母になってもか細い体をしていた。
よく旦那が家にいなくてさみしいときに私の彼にさみしいよーみたいなメールを送ってきていたが、もう母になるとさすがにそういうこともしないだろうな。
病院の院長秘書をしていたが、あの様子では専業主婦になったのだろう。
なんと言っても旦那は薬剤師で薬局の店長だし。
いろいろ聞いてみたかったが、私には気付きもしなかったのでその場を去った。
結局、彼女なのにマドンナよりも大事にされなかった自分がみじめで仕方なかったのだ。
それで随分喧嘩したっけ、と思い出しながら。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ