2007/12/27

カフェと冬空  

世は年末年始のイベントごとにやら年末の仕事の追い込みやらで気ぜわしいなか、わたくしはゆうゆうとというより自宅でうつうつと過ごす日々。

そんなときは素敵なカフェで読書でも

そんなことを思いつつ、憂鬱を吹き飛ばすかのようにドライビングアゴーゴー⇒
来たるは紅茶専門店「notre chambre」。
わたくし目が生涯で初めてガレットを食べたカフェでやんす。
住宅街にひっそりたたずむそれは住宅に併設して作られた白い木造風の外国にある田舎調の建物、さながら泉区の北フランスです。店内の雰囲気も北フランス調でマダムもロングのワンピースとか着ててますますおフランスです。
特にテラス席がガーデニングにも凝っているらしく素敵なお庭にテーブル席を設けていて、大変素敵なのですが、今は冬なので植物も枯れてて大変寒いので窓から眺めるのみです。
わたくしはサンルームの中の窓際の席を取り、日の当たる少し明るい場所でひたすら冬の外国調のお庭を眺めていました。
お店は紅茶のほかにも外国製のかわいい小物やアンティークを売るようになってました。

そこで食べたは塩バターキャラメルクレープ。
塩キャラメルとはお菓子界で少し前に流行った味だが、マジクレープに合うじゃけん、激ウマじゃけん!!!焼き加減がまたカフェのクレープって感じでトロッとしてて本当舌触りが良い!オプションでバナナも入れてもらいました。それがまた塩バターキャラメルと合うのなんのって!
それにベリー系の紅茶をセレクト。
サンルームのようなところで冬の少し翳りをおびた太陽をかわいいレースのカーテンでさえぎり、甘酸っぱい紅茶をすすりながら読書をするわたくし。
ああ、セ・シボン

アンニュイな冬の午後をおフランス調に過ごすわたくし。
アンティークの小物が入ったガラスケースが夕日を浴びて物憂げに光っていた…。




クリックすると元のサイズで表示します


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ