2006/10/29

アキバ  

今日は職場の子たちと“アキバ”に行きました。
そう、あの秋葉原です。

アキバってすごいの。
日曜にメインストリートが歩行者天国になっていて、人がたくさん溢れかえっているんだけれど、ほとんど野郎ばかりだし笑
これぞオタクね、という人はあまり見かけなかったけど、その代わりメイドの格好した女の子がうろうろ。
メイドカフェのちらしを配っている女の子なんだけれどね。
それを携帯やカメラで撮ろうと群がる野郎のまた、多いこと。
本当、独特の文化が育っていますよ、アキバ。

クリックすると元のサイズで表示します


職場の男の子たちと行ったのが、そのメイドカフェです。
店内は撮影禁止なんだけれど、いやあ本当に店に入ったとたん「お帰りなさい、お嬢様」と言われちゃったよ。
1軒目は本当に、正統派メイド服って感じでしたが、普通の喫茶店で店員さんがメイド服って感じでしたが、2軒目は(ハシゴしたのかよっ!)メイドさんが女中さんで、袴を来たカフェではなく、茶房に行きました笑
メニューもあんみつとかお団子だったりと和風で、時間になるとイベントが開催され、(今日はクイズでした)勝ち抜いた人には女中さんのコメントつきグッズがもらえたりと、野郎どもが積極的でとても萌え萌えな感じでした(使い方間違っている?)

あとは有名な電気店街(小さな部品屋さんが集まったビルや、石丸電気やヨドバシみたいな老舗のデカイ店まで)をうろうろしたり、現在のアキバ名物ラーメン(なんと麺の素材のかたまりを刀で削ってそのまま鍋に入れるダイナミックなラーメン)や、デザート(台湾のデザートで、カキ氷とアイスを二で割ったようなもの、ふわふわ口解け軽くマジうまい!)を食べたりととても充実した日を過ごしました。

クリックすると元のサイズで表示します



今のアキバの新名物、おでんの自販機です。
クリックすると元のサイズで表示します


まだまだ面白いところは回りきれていない気がします。
また行こうと言い合いながら帰ってきました。

0

2006/10/29

今日のパン&今日の映画  

今日前からずっと観たいと思っていた「虹の女神」を観ました。
岩井俊二プロデュース、上野樹里、市原隼人主演です。
素敵でした…。
せつない感じが、なつかしい感じが、胸が締め付けられる感じが。
撮影角度とかコマ割りが、個性的というかドラマティックというか、考えて作られている感じ。
それに上野樹里と市原隼人の演技が本当、良かった。
どちらも自然体っぽくて(脚本がそういう感じなのかもしれないが)、共感がもてた。
特に市原隼人、今公開中の「天使の卵」にも出ていて、その中でも群を抜いて素晴らしい演技でした。
これは全体的にとても完成された作品だな、と思いました。
問題がひとつ、それは私自身にあるのですが、若い子達の話を観て、前より感情移入が出来なくなりました。逆に、作品途中に出てきた年を偽っていた女性にすごい共感を覚えたりして。
ま、しょうがないか、年だもの。。



今日のパンは、イングリッシュマフィンです。
朝マックのマフィンを思い浮かべていただくと良いかと…。
でも断然、自ら作ったマフィンのほうがうまし…。

上にかけたコーンミールが不思議な食感を醸し出しております。

クリックすると元のサイズで表示します


0

2006/10/25

今日のパン  

今日は「ドッグパン」を作りました。
なぜドッグパンかというと、ホットドッグにする生地を使ったパンだからです。
生地をねじったりして成形するのが楽しかったです。
包丁で切り目を入れてハムとかはさむと良いかも。

でも隣の人のパンが、私が先週作ったパンだったが、私の数倍うまく出来ているのがすごい気になった…。
才能ないのか、俺…。

クリックすると元のサイズで表示します


0

2006/10/22

メトロに乗って  

今日は「地下鉄(メトロ)に乗って」を観てきました。

はっきり言って納得いかないところ満載です。
中でも一番気に入らないのは最後ですな。
絶対あれは一昔前の女性の考え方で、今の時代の考え方ではない!!
時代設定に疑問を感じました。

他にも主人公の年や相手の女の人の年など気になることが多々ありましたが、話としては面白いとは思います。
Salyuの歌も良かったしね。
全体的に映画内の音楽が素敵だな〜と思っていたら、小林武史プロヂュースでしたね。




0

2006/10/18

今日のパン  

今日のパン教室で作ったパンは「チーズパン」です。
デカイ!そして、なんか不恰好だわ…。
でも美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ