2006/7/25

沖縄アルバム2  

4日目、本島に戻り海の見えるリゾートホテルへ。
部屋からの眺めです。
シングルの角部屋でした。
いつも思うのですが、一人客ってだけでどうして冷遇されるのだろう?
プールサイドと海の眺めが一番見えない端っこの部屋でした。
同じ金額を払っているのにこれはないよね〜。
クリックすると元のサイズで表示します




夜のプールサイドからのホテルの眺めです。
プールは夏休みということもあってちびっ子達の多いこと多いこと!
入るのはやめました…。
高いとはいえ高級リゾートとまではいかないので、やはり家族連れが多いのかな、と思いました。
本当は日航アリビラに泊まりたかったのだけれど、目玉が飛び出すほどの値段だったためやめました。
クリックすると元のサイズで表示します
















次に日、レンタカーで中城城跡へ。
裏門から見学ですが、この入り口、南国ですね〜。
インディ・ジョーンズ的な映画のオープニングみたいでドキドキしません?
クリックすると元のサイズで表示します





     城郭の周りには、南国らしい花々が…。
クリックすると元のサイズで表示します
















裏門に通じる道です。
空の青とのコントラストがまた絶妙でしょ!?
でも私はここで日焼けをしました笑
クリックすると元のサイズで表示します



城跡からの街側の眺めです。
ここから民を見下ろして何を思っていたのか…。
クリックすると元のサイズで表示します















三の郭から望む街とは反対の海側の眺め。
素晴らしいの一言です。
クリックすると元のサイズで表示します



一の郭、正殿があった場所です。
なんとここには戦前まで村役場があったそうです!
城跡に役場!
すごすぎるぜ、沖縄…。
クリックすると元のサイズで表示します



















一の郭にある観月台からの眺めです。
クリックすると元のサイズで表示します




雨乞いの拝所です。
今でも拝みに来る人が絶えないようです。
城内には全部で8つの拝所があります。
クリックすると元のサイズで表示します


















こちらが城の正門です。
クリックすると元のサイズで表示します





鍛冶屋跡の広場です。
クリックすると元のサイズで表示します















やや、よく見ると廃墟が…。
廃墟マニアのページで見たことあるわ(ヨダレ)
帰ってから調べてみると、やはり1年で廃業になった観光ホテルの廃墟です。
ああ、立ち入り禁止札があるけど入ってみたかった…。
クリックすると元のサイズで表示します



帰りは老舗アメリカンレストランでロブスター&ステーキを。
レストランのスペースとは別にカクテルラウンジもありました。
古くて品があって素敵でした。
クリックすると元のサイズで表示します
















0

2006/7/25

沖縄アルバム  

初日、那覇から高速船で移動中
クリックすると元のサイズで表示します




         途中でいろんな離島が見えました。
クリックすると元のサイズで表示します

















ショップ前の夕刻のビーチでした。下は砂ではなく、珊瑚の死骸や貝なのです。
裸足ではとても歩けません。
クリックすると元のサイズで表示します




次の日、浅瀬での海洋実習。
ここが離島で最もポピュラーなビーチで、観光客がよく泳ぎにくる場所です。
HPでしか見た事がない画像が自分でも撮れるとは思わなかったです。
クリックすると元のサイズで表示します















こんなに青々と澄んだ海ですが、当たり前のようですが、飲むとすげーしょっぱい笑!
実習中、飲み込んでしまったときに何よりもびっくりしたことです(笑)
クリックすると元のサイズで表示します





3日目、小型船で海に出ての海洋実習です。
この時わたくしは緊張と初めて深いところに入ったことの体への圧迫感で、吐きそうでした笑
初回はいきなり珊瑚でできた水底の洞窟へ入らせられました。
途中フィンが脱げたりしてとてもこわかったよ!
クリックすると元のサイズで表示します















その日二度目の海洋実習のスポットです。
前回が深くてびっくりしただけあって今回は浅く水底からぼんやり太陽光が見えていてとても綺麗でした。
クリックすると元のサイズで表示します

三度目はもう講習ではなく、FUNダイビングとして入りましたが耳抜きが出来ず一緒に入った皆さんからかなり遅れをとってしまいました。
でも水底の珊瑚や色とりどりのお魚は本当にきれいでしたよ。
0

2006/7/25

バカンス最終日  

今日はバカンス最終日。夕方に飛行機を予約してましたのでそれまでどう遊ぼうか考えまして、選択した結果はレンタカーで沖縄GO!GO!です。
もうここまで来るとひとり道極めてしまった気がするよ…。
オンシーズンなんで少々値が張りましたが、飛ばしてるうちにだんだん楽しくなってきましたよ。
歴史的建造物好きの私が行ってみたかったのは、沖縄中世時代に造られた石を積み重ねて造られた城跡、中城城跡です。
ナビをしないバカナビを罵りながらなんとか嘉手納基地横を通り抜け丘の上の城跡まで辿り付きました。
南国の城はガジュマルやデイゴで囲まれた緑の楽園でした…。(ただし炎天下付き)
石垣の造りはかの有名なペリーが来航の際に「石は、非常に注意深く刻まれてつなぎあわされているので、漆喰もセメントもなにも用いていないが、この工事の耐久性を損なうようにも思わなかった。」と褒め称えたというだけあって見事なものでした。
ただかなり崩れつつあるのは確か。
でもここからは左右両側の海が同時に見渡せて景色が素晴らしいと同時に、やはり山の上に城を築いた戦国大名を彷彿とさせました。
この城の城主であった護佐丸は大変優秀で琉球王のおぼえもめでたいものでしたが、それを妬んだ主君である安麻和利の策略で王府軍に攻め滅ぼされましたが、それが罠だったと露見するやいなや安麻和利も滅ぼされてしまいました。
沖縄のあちこちにこのような石垣の城が点在しますが、護佐丸はやはりあちこちの城をまわり、その付近の民を立派に治め大変人望が熱かったということです。

中世の琉球戦士、ここから見下ろし何思うぞ…、などと考えつつ次はランチへ。
基地近くの占領統治下時代にたてられた米軍御用達のレストランへ。
ロブスターとヒレステーキのセットを食いました。(また肉かよ!)
店内も昔の古き良き時代のアメリカっぽくてすごい素敵でしたが、ウェイトレスがみんなお婆ちゃんだったのが気にかかる…。だっておばあちゃんなのに黒のタイトスカートに白い詰め襟ブラウスに小さなリボンだよ!!
いや、別に良いのだけれどなんだかな…、う〜ん。
きっと米軍で賑わってた頃に店に来た兵士からの誘いとかをジョークと共に軽くいなしていたんだろうな、と思います…。

今回の旅は、出張のついでという形ではなく最初から最後まで自分で構成、自分で出費だったものでわけもわからずその場の気分でいっぱい払ったりもしてしまったけど、でも自分の力で自分の思い通りに自分だけのペースで動くのも面白いなあと思いました。
誰のせいにも出来ない、自分自身が選んだ自分自身の旅でした。
この歳にして、始めて自立したとも言うのでしょうか…?
とりあえず楽しかったから良いです(笑)



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します















0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ