2006/7/7

大阪  

私の気になる人が住んでいた大阪に、初めて行けて満足。
幸せです。
大阪では串かつを食べました。
すっごい美味しいの!
大人気で並んでました。
カウンターが回転寿司のようにくるっと並んでいて、その中で職人さんがカウンターからの声を聞いて串を揚げるの。
肉はもちろん、お野菜やきのこ、あらゆるものを揚げていただきその場ですぐ食す。
う、うまい…。
ジョッキ片手に、がっつりいただきました。
なんであんなに食べられたのか?
なんと衣に山芋が入っているのですごいさっぱりしていていくらでもいただけちゃうのです。
揚げ方も職人さんが伝統を守っているせいか、実にからっとしていて少しも油っぽくない!
故郷で食っていたものは油を塗った揚げ物…?とすら思いました。
本当、地方によって食べ物って違うし、美味しいものは探せばどこにでもあるんだな、と感心いたしました。

串かつは新世界の名物で他にもお店が並んでおりましたが、そこは勘と人の並び具合と店の構えで決めました。
NHKの「ふたりっ子」の主人公のひとりが将棋を打ちに行っていたような商店街です。
ホントに将棋をうつ部屋?(将棋クラブ)というものが商店街の並びにいっぱいあった。
なんか文化の違いって本当、面白い。
楽しい。
道頓堀も楽しかった。
本当に歓楽街!
阪神ファンが阪神が勝つと飛び込む道頓堀の橋はひたすら人が行き交いしており、橋の上にも柵や花壇が出来ていて、容易には飛び込めないようになっていました。
吉本の劇場もあった。
あとはひたすらゲーセン、パチンコ、あやしげなお店、でも表通りはよくある高島屋などの老舗デパートがひしめいている。
本当面白い。
すっごく気になったのは、道頓堀の街中を覆う豚肉の匂い。
最初、地下鉄から上がってきたときからすごい匂いなんで、なんだろう???と思っていたら、ラーメン屋さんが、ドアとかなくていきなり屋台店みたいな感じでガラスのへだたりもなく、並んでいるじゃないですか!
うまく説明できないけど、立ち食いそばやのドアのない版が、普通の街の通りにあるから、その店先でみんな頼んですぐ食べられて楽なんだろうけど、しかし豚肉の背油の匂い?なのかすっごい生臭いんだよね…。
それがなんともいえなかった…。
道頓堀ってそういうもん?!

でも関西って超楽しい!
大好き!
また行きたい!!


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ