2006/6/29

不安の要因  

最近の私の暮らしぶり。
朝はコンビニもの。昼は社員食堂、夜は居酒屋。
ちょっとこわいくらいの暮らしぶり。
ま、出張行っていたからしょうがないけど、今日も飲み会だったし、しょうがないからコンビニで朝ごはん買って来ちゃったし。
それから1週間近く滋賀にいたのでまだ夢から覚めない。
浮いている感じ。
大津がなつかしい。
自然がいっぱいで丘の上の出張先から琵琶湖が毎日一望できた。

今日の飲み会、意中の人が来ると思っていたら来なかった。
23時頃来るという話を小耳に挟んだので、出張疲れや出張時差ボケですごいつらくてすごい我慢して待っていたのに、来なかった。
へこんでいる…。

まだ浮いています。
来月から上司がいません。
私がすっぱり首か、9月まで延長かもまだわかりません。
落ち着かないし、不安だよ。

いろんな要員で、そわそわふわふわ落ち着かない。

今週の金曜にも送る会があります。
そこにももしかしたら来るかもしれないという話が…。
ガセだったらどうしよう…?

そわそわ…。
ふわふわ…。

0

2006/6/25

大阪  

活気が欲しいので、今から大阪に行くことにした。
好きな京都の歴史的建造物をおいて大阪へ。活気が必要なのです。でも私は一度も大阪に行ったことがございません…。
しかしそれこそ未知、未来の未知を受け入れるため必要なこと。
未来への不安や絶望より希望やワクワク感が必要なのです。

今、姫路行き快速の中、京都の人と大阪の人の訛りの違いを感じてすでにドキドキしております…。

0

2006/6/24

職場崩壊  

出張4日目ですが、昨日職場からのメールで驚きの事実が。

どうやらワタクシが今いる課が今月いっぱいでなくなるそうです。進行中のJOBはそれぞれが引き続き新しい職場に行ってからも続けるようですが、こういう時に一番被害を受けるのは社員でもない下端の外注や派遣という人々。
課がなくなったら仕事をなくすのは必須なわけで…。
というわけで仙台に帰るのが少し早まったと思います。
ただ詳しくは職場に戻ってからじゃないとわからないので、来週の水曜日までお預けです。でもって水曜日、復帰した途端歓送迎会なんだよな〜。急な話のようだけど上層部やほんの一部の人は知っていたわけで…。
とりあえずすべてはあっという間、幻のようでした!
確かなものなんて何にもないんだな…。
ちなみに上司様はただ一人の本社栄転です。元々本社属のエリートだっただけにずっと戻りたかったらしく念願かなったという感じらしい…。月曜日に顔を合わせますがニッコニコだろうな…。
その反面ワタクシは…。
おかげで今日の京都観光もイマイチ身乗りがしなかったよ…。
せっかく清水さんにも寄ったのに…。
清水の舞台から飛び降りる気持ちで気持ちを切り替え頑張らなきゃね!



0

2006/6/21

滋賀出張  

東海道新幹線も随分乗りましたが、いつも名古屋止まり。
しかし今日は初めて京都まで乗ります。京都から在来線に乗り換えます。
京都…、10年ぶりですが、あいにく仕事なうえ長期出張なのに風邪を引いてしまいました。先先週も引いたばかりなのに!一月に二度風邪を引くっていったい…。
全然温度調節が出来ない人なんですね、私…。
だってしょうがないもん!窓開けると車の音うるさくて眠れないうえに東向きだから朝日がすごい入ってくるし!肌弱くて汗疹もひどいからクーラーに頼るしかないのよ!(愚痴)
しかしさすがに朝4時起きは辛い…。前の日も残業で遅くなりそこからまた今日の荷物の準備とかしたから結局寝たの1時だし、もう今寝るしかないわ笑

たぶん最後の出張になるだけに京都も実はちょっとだけ楽しみにしていたのですが…。でも体調を考えて土日は安静にしていようかな、と思います。
しかし始まる前はプレッシャーに押し潰されそうでしたが、始まってしまえばもうなんとでもなれ!という気持ちになってしまうもんですね。でも仕事自体がどうにかなるとはとても思いませんが…。
とりあえず強めのお薬もらってきたのでそれでなんとか乗り切ります!(でも仕事後のご飯〈ご飯といっても必ず飲み〉は遠慮させて頂きたい…、いやマジで) 職場では「出張中は酒を与えておけばなんとかなるヤツ」と言われてる私です…。初期に調子に乗りすぎましたな笑


0

2006/6/19

タイヨウのうた  

ええと、昨日、映画「タイヨウのうた」を観てきましたよ。
めっちゃ良かったっす。

YUIが超かわいいー!プラス歌がめっちゃ良いー!!
かわいそうなお話でしたが、とても心をうつお話、映画でした。
セカチューで泣いた方にはオススメかも。
だってめちゃ涙ものの話だし。
公開初日、レイトショーで観ましたがなぜか女性おひとりさま客の多いこと多いこと笑。
知っている人に見られることなくおおいに泣きたい女子が世の中にいっぱいいることを知りました。

せつない、ということで泣いてもいいじゃん、むしろ泣きたいのよ、いけない??って女子はいっぱいいる、そんな感じ。
私の周りは全然そんなことに興味ない、ラブリーを捕まえることに積極的じゃない”強い系女子”やすでにラブリーを捕まえラブラブ素敵家庭を築く女子の2つに分類されている。
ラブリーいないけれど、全然強くない、むしろラブリーほしいけどいない、でも泣いているところ見せたくない格好つけ女子はあまりいない、全然いない。俺しかいねえ(笑)
ま、そいういうひとはあまり表に出さないのかもしれないね、そういうところを。

なんだかドラマでもやるようですが、YUIは根っからのシンガーでございますが、ドラマ版の女主人公、YUIの演じた役には沢尻エリカが抜擢。あまりわたくしは好きではございませんがな…。
なんか歌うまくないと話にならない気がするのだが…。
はたしてどうなの?
でも確かにYUI、シンガーソングライターだし、演技初挑戦のため、演技は未熟でごんしたが〈歌が激激激良かったためそんなの帳消しでしたが)、そのかわり周りをかためた俳優陣、特に岸谷吾郎の演技が秀越すぎて際立ちすぎてびっくり!
ま、ベテラン陣とは得てしてそういうものなのでしょうけどね…。
泣ける映画の中に際立つ演技、やはり泣き所にもなるものでして…。
泣かせていただきました、岸谷さん。
いやあ、さすがです。

でも映画ってそうやってバランスをとっているのかもしれないね…。




クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ