2006/5/7

連休  

今年の連休は思ったより充実、たっぷり休息が取れました。
昨年外国旅行だなんだと騒いだうちの親も今年はおとなしく近隣の温泉に一泊くらいどう?とかなり控えめでした。
おかげで温泉でしっぽり、温泉エステも忘れず、仙台近辺のうまいものを地酒と共にたくさんいただき、まさに身も心も満たされました。
温泉地近辺の森林を散策し、川のせせらぎを背に小鳥さえずる自然の中でロッジ風の喫茶店でコーヒーをいただくこの幸せ。


クリックすると元のサイズで表示します

友人と「桜を追って北に」ツアーもやりました。
岩手の北上展勝地
日本のさくらの名所100選に選ばれ、約1万本の桜が見物のまさに名所。
友人に調べてもらって初めて行きましたが、延々と続く桜のトンネルはとても美しかった…。


クリックすると元のサイズで表示します











クリックすると元のサイズで表示します

川沿いの緑の草原からの桜並木、緑の草原がまた外国みたいで美しく、風でさらさらとなびく様は最高でした。









川下りもしました。
船から見る桜並木、そして岸と岸をむすぶ鯉のぼりの橋。

クリックすると元のサイズで表示します
















友人にも会い、買い物も堪能し、漫画見てゴロゴロし(笑)、いわゆる休みの日にやるようなことは全部した感じです。
ただ明日から仕事ということで、今日から少しづつ鬱が戻ってきた感じです。

東京嫌いだ、仕事なんか大嫌いだー!!

本音はこんな感じっす、いやマジで。
連休の充実感と関係あるのかもしれないけど、今回ほど故郷が良いところと感じたことはなかった。はっきり言えば東京に戻りたくなかった。街が、人が、空気が、水が、風が、雨が、自分に関わるものすべてがこれほどまでに心地よく親切だとは…。
常に自然と共にいたことが、体が全部覚えているんだなーと思いました。
わたしは、どうやら、殺人的な人ごみとひしめく建物群、大量生産大量消費によるまごころの消失がおきているお店たち、このような場所では長く生活できないようです。
ここの水は合わない。
その言葉がぴったりです。
今回帰省してつくづく実感したまでです…。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ