2006/1/22

TOKYO  

完璧風邪をひいてしまい、家から出られない私。
寝ながら本を読んだり、音楽聴いたり。
そこで今一番はまっているのはコレ。

YUIの「TOKYO」。


住み慣れたこの部屋を出て行く日が来た
新しい旅立ちにまだ戸惑っている

駅まで向かうバスの中
友達にメールした

朝のホームで電話もしてみた
でもなんか違う気がした

古いギターをひとつ持ってきた
写真は全部置いてきた

何かを手放して そして手に入れる
そんな繰り返しかな?

強がりはいつだって夢に続いている
臆病になったらそこでとぎれるよ

走り出した電車の中
少しだけ泣けてきた

窓の外に続いてるこの街は
変わらないでと願った
古いギターをあたしにくれた人、東京はこわいと言ってた

答えを探すのはもうやめた
間違いだらけでいい

赤い夕焼けがビルに途切れた
涙をこらえても
次の朝がやってくるたびごとに迷うことだってあるよね

正しいことばかり選べない
それくらいわかってる



地元にいたときはいつも正しい答えを探していた。
いつも正しい答えを表示していることを求められている気もしていた。それが当たり前の人間の姿として当然のように求められているとも感じていた。それを見つけていないと変な人、と思われ引かれてしまうのでは、とも思っていた。いつもはじめから私は知っていましたよ、という顔を作っている、ポーカーフェイスで。
東京にきてそれは完璧通用しないことがわかった。
莫大な人口を抱えている東京、答えなんてひとそれぞれ。
たとえ間違っていたとしても、自分で正しい答えにすればいい。
そんなエネルギーさえ感じさせるこの野蛮な街。
自分の中の躍動感だけを感じて生きていけばいい、すすめばいい、と思っている…、今は。


しかしかわいいな、YUIちゃん

クリックすると元のサイズで表示します

0

2006/1/21

東の太陽計画第1段階  

しばらく忘れ去られていた東の太陽計画、ようやっと第1段階が終了いたしました。
昨日の課の飲み会、ずっと待っていた飲み会、じーっと待っていた甲斐があったというもの。
やっと普通にお話し出来ました(>_<)
こんなことで喜ぶなんて、えっ!?って感じなんでしょうが、今までが悲しいほど接点がなかった、本当にひどかった。やっと人並みになったかも。

元々はみんなに優しい人。すごいすごい優しくて人望がある人。
やっとその`みんな´の中の一人になれたことが嬉しくて嬉しくて(≧ε≦)
ワタシ、バンザーイ\(~δ~)/

なわけでとりあえず1段階は終了という感じでよろしいのではないでしょうかね?


0

2006/1/14

汐留  

クリックすると元のサイズで表示します


きょうのお仕事、汐留の例の場所ですよ…。
死ぬほどびびって行きました。
案の定、びびりが引き金となったのか、元々アホなのか、他局でPC1台20分ほどで済む作業を1台1時間もかかってしまい、しかも専属SEから超専門的なことをビシバシ聞かれあわわになり、失禁寸前でした。

でもなんとか終了し、周りをうろうろ、すると3度目において初めて気づいたのですが、斜め向かいに汐留カレッタがあったのです…、そしてその隣が電通本社でした。

久しぶりに都会のおしゃれで綺麗なものを味わいました。
ビルの隙間から見る空は薄暗くなってきたとき、ふとどちらがビルかわからなくなるくらい、建物と同じ色になるのです…。
都会の宿命なのですかね…。




クリックすると元のサイズで表示します

            クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/1/12

お仕事前線異常なし!?  


仕事より

健康を取りました…。
取りましておめでとう…。



けふの午後、上司様がわたくしの元につかつか…。

○○ちゃん!(名字でよばれています)

…はい?

来週、愛知に行って欲しいんだ!

へ…?あ、はい…。
(一応、今月に来るな、とは思っていたから)

18から20なんだけど。

はぁ…、へっ!?



20日は人間ドックの日でした…。

ああ、わたくしの仕事はだいたい今年度で区切りがつく…。
よって今回の出張が最後のビッグなお仕事だったのに…。
しかも他社さんとの合同結合試験、めったに機会が与えられないのに…。
そして劣等生のわたくしが唯一、蟻のような働きをし、上司様に有用性を認められる機会、そしてナマの現場をとっくり体験できる機会だったのに…。
しかし、この人間ドックは行政が行っている低料金の内蔵の検査までやっちゃう徹底的検診。しかも半年に1回しかやらず、半年前の検診は福岡出張で受けられなかったのよ!
そして半年待った…、それが また!?出張でダメになるなんて…。

もうダメ…、ユルセマセン!


あの…、実は20日は人間ドックで…。

あ、そうなんだ、じゃいいよ?

(えっ!?)



ポロッ…



わらしは確かにそのときに、自分が仕事剥奪東京居残り前線をドロップアウトした音が聞こえたのでぃす…。


しまった…。

わたくしの魅力は全然知識なし、技術なしでもどんなところにでも食いついてゆく根性、バカにされ嘲笑されてもとりあえず参加する、その場には必ずいるめげないところでした…。

ところがいまや、いっぱしのエンジニア気取りで出張までお断りするなんて…。

それもこれも株式会社のくせに健康診断をしないうちの会社が悪い!!!

会社の検診がないばかりに行政の検診に頼らなければならず、春からの仙台戻りがほぼ確定の私…。



あはあはあは
今年は西公園のをみてやる!?

0

2006/1/9

祝日の午後  

風邪っぽかったので薬飲んでほとんど寝てました。
外に出たのは年賀状の返事を出しに行ったときくらい。

去年行った三重の(名古屋の)お土産の残り、「赤福」を食う。
賞味期限は買った日の次の次の日…。
でも半分以上食べてなかったので、冷蔵庫にずっと入れっぱなしになってました。
オーブンでチンして食ってみる…。
オーブンで暖めると餅の部分がとってもモチモチしてうんまい…。正月1つしか餅を食べなかったので、少し正月気分が味わえました。
今のところ腹は壊していません…。

西遊記を見ました。
お釈迦様から言い付かって、天竺にありがたいお経を取りにいく。
三蔵法師の神々しいこと。
深津絵里好き〜
何歳になってもキュートなのはびっくりです!!

お釈迦様と言えば、国立博物館で見た観音様の彫像(関係あるようで関係なし…?)
とても神々しくて感動しまくり、とても潤った気持ちになりました。不動様もいたけど、なぜか観音様でした。
2Mほどのすらりとした長身の彫像の下でしばらくポケーッと眺めておりました。
当時鎌倉時代、観音様が本当にいるのか、本当はどんな形をしているのか、たぶん誰もわからなかったのだろうけど、それでも彫像を彫った人の気持ちが、こうして後世の人間を感動させているのかな、と思いました。
ま、金もいいし〜、仕事だし〜、適当にやっつけて早く家かえって酒でも飲むべし〜、みたいな気持ちの彫師に彫られたらああも見事に彫られなかったと思う。
なんてことをぼんやり考えて、家にこもっていた祝日の午後、でありました…。

ようするに風邪っぽくて、薬も飲んだし、少しぼんやりしてるんだな、なんて…。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ