2005/10/13

下北沢デビュー!  

けふは下北沢でライブがあり、仕事も早々に切り上げて京王線へ。
下北沢は初めてですが、最初に降り立った感想は、若者ばかり!!
本当に若者の街なんですな…。
ピタデニムをブーツの中に突っ込んで肩の出ているトップを着た私の若作りが少し浮いていた気がしました。
こちやこちゃと小さな店がひしめきあった駅前のメインストリートを5分ほどくだるとなんでもないビルのなんでもないところにひょこっとB2階のライブハウスが見えてきました。10代の頃あこがれた東京のライブハウス。汚くて不健康そうで、おしゃれ若者がうろうろしていて、夜のドキドキ感満載の。「月下美人」(ひうらさとる著)の世界ですよ…(知ってる人はほぼいないかもしれないけど)
仙台で言えばMA.KA.NAに似ているかな?
でも本当に小さくて汚くてワンドリンク制の割には一人しか作る人がいなくて効率悪いし、アルコール分減らしてジュースいっぱいなの丸わかりだし。
仙台でZeppのようなライブハウスに慣れてしまった私には、その効率の悪さと狭くて苦しい環境の悪さに少し酸欠状態。

でも今回のメイン、「メレンゲ」が登場したとたんそんなの吹き飛んだ。
CDでしか聞いたことがないあの甘い癒しボイス。
こんな側で、しかもお顔を初めてこんなにまじまじと見た。
ほとんどメディアには出てないのですよ、彼らは。
オフィシャルサイトで1枚写真があるのだが、メンバーが足りないし…。
本当はもう一人いるし(わたくしのお気に入りが…)

でも意外だったのはライブのノリ。
もっと揺れてぎゅうぎゅうおしくらまんじゅうでぴょんぴょん状態かと思ったらほとんど仁王立ち。
時々ひとりで頭を動かしているくらい。
クール…?
仙台でライブをするバンドの方々はいつも仙台はノリがいいと言う。
確かにキャーキャーのぴょんぴょんのぎゅうぎゅうですごいノリでいつもスポクラ行った後くらいの運動量だったように思う。
そのかわり出ているバンドの方々がノリノリで見ていて逆に面白かった。
ツーマンライブだったのだけれど、最初がarrowsというバンドだったが超ノリノリ白いシャツに汗べったりかきながらほとんどトランス状態で笑顔だったのがすごい見ていて面白かった。そしてそれも仁王立ちで見る客たち。
そうか…、ここではお客様のほうが上なんだな…。
地方ではたまに来てくれるバンドにキャーキャーだもんね…。
そのかわりバンドの方々もはるばる遠くに来て演奏しておりますよ感がまったくない。その場そのときで楽しく超ノリノリなのだ。

メレンゲはかわいかった…( ̄ー ̄;)ニ、ニヤリ

みなさん、メレンゲは超かわいいです。
ほとんどメディアに顔を出さないのであまりよくひとりひとりの顔が知られていないのだけれど、間近で見るとマジかわいいです。
バンドマン特有の白くて髪長くてTシャツでもやしっ子風。
でもかわいいのだ…・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・

いろんな意味でずっと鼻血が出そうな一夜でした。









クリックすると元のサイズで表示します

0

2005/10/11

今夜のご飯  

今日は湯豆腐にして見ました。
なんと私、湯豆腐を家で食べるのは初めてなり。
うちでは湯豆腐などというしゃれたものは食べなかったし(てゆうかうちはポピュラーな料理は一切作らない、粗食のすすめの見本のようなおかずばかりだった)、もちろん自分で作ろうとも思わなかった。

最近豆腐にいろんなものをのせて食べていたので、ふいに湯豆腐も良いだろうという考えが頭に浮かんだ。なにより急に冷えてきたし、そんなにカロリー高くないし。
ネットで作り方を調べて作ってみると…。

なんだよっ!うまいんじゃないの!?


こんなうまいものだったとは!?
知らなかった…。
敷いた昆布を少し高めのものにして良かった…。
土鍋で食べたかったが、そんなもの一人暮らしの家には当然ないので小さな鍋で食べたが、すっごく土鍋が欲しくなった。


湯豆腐…。 

これからはわたくしの定番料理として頻繁に食されるに違いない…。
和食はまだまだ手をつけていない安くて美味しいカロリー低い料理がたくさんありそうでこれから冬本番、料理が少し楽しみになってきました。
お鍋も作りたいし、やっぱり土鍋買う!!

ちなみに副菜は筑前煮でした。
“和”だね…。







クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/8

satokibi再び故郷に還る  

深夜、高速バスで帰ってきて早々、チカンにあいましたよ、えぇ。ただ、さすがにサワリ痴漢は年齢制限があるみたいでさすがにナシですが、見せ痴漢はあまり年齢制限がないみたいです。HPページ上失礼いたしますが、椅子に座り朝の生理現象の姿でヒワイな腰の動きをさせておったわけで…。ワタクシはその隣りの隣りで地下鉄の始発が出るまでに朝御飯をいただいていたわけで…。
えぇ、でもしっかり報復はしましたから!!
自分の前に置いていたキャリーケースを足を組みかえる時にぶつかった風を装い、横にバターン。キャリーケースの取手が膝に当たるように仕向けましてそれが見事的中。痛そうにしておりましたが、私は軽く謝りつつ再びパンをモグモグ。

そんなもの見せられたからって、キャーとかやだーとか言って逃げ出すような年じゃねぇんだよ、もう。
三十路過ぎたらそんなことじゃもう動じねぇんだよ。

二十代の頃、よく痴漢にあって泣き寝入りしていたあの頃にこういった度胸があればなぁ…。

つくづく年取ったものよ…、と朝日の中を帰宅するsatokibiであった…。

ちなみに写真は朝日を背にした泉中央です。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/2

登山  

けふは高尾山に登りました。なんと私が住んでいるところの最寄り駅から電車で30分、新宿に行くのと同じくらいです。
北野という駅を過ぎたあたりから電車の窓から見える風景が、仙台でいう仙山線のような風景になってきました。住宅地が緑に囲まれていて小学校の校庭も広いし、兎小屋のような家もない…。
雰囲気で言えば定義山のような山の観光地でした。ケーブルカーで山腹まで登り、あとは舗装された参道を歩く、途中にお寺があるので参道として舗装されてましたがそのあとは砂利と土の道。ケーブルカーの駅から山頂まで約30分なのだが、当然ながらずっと坂なのでやはり疲れます。
途中、少し前に飯島直子と深キョンの姉妹ドラマの舞台になった十一丁目茶屋がありました。そこに両親と暮らす妹(深キョン)と都会で恋に敗れ帰ってきた姉(飯島直子)の新たな恋のドラマだった気がしますが、都心が一眸できる雰囲気ある茶屋で素敵でした。
登山客は休みのせいか結構多かったのですがやはりそこでも気になったのは勘違いな若者の格好。私も人のことは言えず、タンクトップにショルダーバックでしたがスニーカーも履いてたし帽子もかぶってました。

登山にピンヒールとワンピってどういうこと!?

特にカップルの女子がそんな感じでしたが、本当にいるんだな、勘違い女(もしくは男)って…。
前に見た映画で、都会から沖縄のサトウキビ狩りのバイトにきた男女の話で、そのなかの一人が派手派手なブランド物で身を固め沖縄の離島にやってきたのです。とこのようによく映画や漫画で勘違いした都会の馬鹿なお嬢とか出てくるけど、半分冗談のように思っていましたがどうやら都会ではマジらしい…。
普通に考えれば、自分が行くところの風土や気候に合わせますよね!?

夕暮れの中、日本一の勾配の坂を降るケーブルカーに乗り、麓の蕎麦屋でポン酒と蕎麦に舌鼓を打ち、気分良く帰ってきました。
こんなに近くに自然に触れ合うことが出来るところがあるとは!
嬉しい限りっす。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/10/1

映画  

けふ観た映画は「チャーリーとチョコレート工場」。
しかもすっかり忘れていたのですが、1日だったので1000円でした。お金を払うときに初めて気づいてとても得した気分になりました。

イギリスが舞台の映画は常におとぎ話のようで夢のような幸せな気分にしてくれます。
ハリーポッターや指輪物語、あとノッティングヒルの恋人もそう…、幸福なおとぎ話という感じが本当、ぴったり☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・♪(* ^^)・^*) チュッ♪☆、。・:*:・゜`★.。・:*:・

昔よく読んだ英語の物語を思い出します。
わたくしは幼年期からずっと英会話をならっていたわけですが、教材は当然英語の物語なわけで、クリスマスやハロウィンを題材にした幸福な物語をよく読んでおりました。魔法とか不思議なお話とかそういうものを読んでました。読んでてとてもわくわくしたものです。

今回の映画もそんな感じ。
不思議でドキドキして、わくわくして次どうなるか予測つかなくて色鮮やかで不思議で美味しそうなお菓子とか楽しい乗り物とかいっぱい出てきて…、子供のころ読んだらわくわくして仕方なかったのではないかと思います。

ふとイギリスに行ってみたくなりました。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ