2005/10/27

東京コンパ  

はじめて東京コンパに参加する。


へいっ!!!(気合)


風邪引きでぐずぐずぜーぜーでしたが、寒空の下スカートまで穿いて参戦。職場でスカートを穿いたのは初日のリクルートスーツ以来でした…。


誘い人は私が所属する元会社、仲介会社、現職場の会社の中の仲介会社の女の子です。このときばかりは所属する会社がたくさんあって良かったな、と心から思いました(笑)

私の東京コンパのイメージ。
夜景の綺麗なレストラン、両開きの窓を開けるとキラキラ光るプールサイドのテラス。
男性はビシッとスーツ、女性は華やかにそして色っぽく…。
白いテーブルクロス、ワインにフォークとナイフで静かにカチャカチャ…。まるで高級料理のお食事会のようにうふふおほほのさざなみが…。


しかし現実はといえば、飲み屋街の少しこじゃれた和の居酒屋。少しこじゃれた料理(フォアグラメニューがなぜかたくさんあった…)、焼酎とポン酒の嵐。そして飲み代の比率は3対2(笑)
なんだか学生の頃のコンパのよう…、社会人になってからは圧倒的に大部分払ってくれるコンパが多かったし。けちだったのか本当に貧乏なのか(いや、そんなはずはない、わたくしの現職場会社の系列会社の人だし…)
でも女の子と仲良くなったしま、いいかという感じでした。


現実なんてこんなもの…。 


0

2005/10/25

負の因子  

このことを今語って良いのかはっきり言ってよくわからない。
そんなにはっきりと自分の中ではまだ明格化されていないことなのだから。
でもはっきりしているところから少し語ろう。
これは事実ではなく、私の中で私が勝手に考えたことです。

負の因子を持つ人がいる。
それは私が勝手に名づけたもので、正しい呼び名ではなく実際にそんなものがこの世にあるという明確な事実があるわけでもない。
それは私の中で感じたもので、その呼び名は私にとって一番しっくり来るものだった。
実は自分の中にもあると思う。
私も負の因子を持つ者だ。

それはどうしようもない先天的なもの、もしくは後天的なものどちらでも構わないが、家族環境にあきらかな欠落がある人によく現われている。

こんなことを言うと家庭環境に問題のある人はみんな欠陥品のようだ、と思われるかもしれないが、もちろんそんなつもりはないし私自身の家庭にもいわゆる欠落があるから、自分を欠陥品と言っているようなものになってしまうので、そのことについては私は欠陥とはまるで考えていない。
わかりにくい説明になってしまって申し訳ないが、欠落はもちろんその人本人が悪いわけではなく、どうしようもない理由がありそのような結果になったのだ。むしろ悪い(責任をとらなければならない)、という人間はいないしその状態を悪いと言っているわけでもない。それは誤解しないでいただきたい。

私の友達には本当に、負の因子を持つ人が多い。
どうしてこんなに集まったのか、と思うくらい本当に多い。
でもなんとなくはわかっている、私が呼び寄せたのだ。私が同じ因子を持つ人に惹かれていった。同じ匂いを持つ人を嗅ぎわけた、という言い方のほうがしっくりくるだろう。
分かり合える、わかってくれるだろうと考えたのか、同じ経験をしたものとさみしさを分かち合おう、欠落感を埋めあおうと思ったのか。どれも合っていてどれも主な理由ではない。



0

2005/10/24

叱咤  

叱るって愛情だなぁ…。
つくづく思う。
でも自分の支配力を見せつけるための叱咤に途中から変わっていったりするのは許さないけど。
自分が悪者になるのが嫌で私を叱らず、こんなことで俺の気持ちを煩わせるな、ごちゃごちゃ言うお前は変だと言って私の人格否定にまわった君、僕への愛情はあったのかなかったのか…。

0

2005/10/23

ありがとう、私の前の前の前の恋人  

生きることを憎んだりしていたわけではなかったけれど、いつもなんとなく夢の中みたいにすべての画面が遠くぼやけていた。いろいろなものをすごく近くに感じたり不自然に遠く感じたりした。
その頃、私の世界の中で色がついていてまともに私の耳に聞き取れる言葉を話す人は、知り合ったばかりのハチしかいなかった。
だからハチと過ごす時間が一日にうちで唯一私が自分とデートできる時間でもあった。
それはとても短くせつないランデヴーだったが、すべてが秘められた、芽だった。陽に向かって、ぐんぐんと官能的なまでに大らかに、伸びてゆくため。

吉本ばなな著「ハチ公の最後の恋人」


私が一番長く、そして深くお世話になった恋人、やはりこんなふうに私の一番、えぐいところの深いところの暗い部分を見せて、そして下ばっかり向いて歩いていた自分に希望とやすらぎを与えてくれました。
ありがとう…。
私はいっぱい我儘と愚痴を言って困らせました。
私より若いのによく頑張りました。
ありがとう…。
今やびっくりするぐらい幸せで子沢山な家庭を築いているであろうあなたに感謝と、これからの幸せと祈りをこめて書きました。
ありがとう…。
暗く、さまよっていた私にささやかな幸せとさらなる幸せをくれたあなたに…。







0

2005/10/16

新宿  

けふは新宿で派遣登録をしてきました。
西新宿の高層ビル街の43階で登録をしている最中地震が起き、大変怖い思いをしました。
都庁は本当にロボのようでした。
なんで都庁にあんなデカイ建物が必要なんだろうか?
本当に全部使っているのだろうか?
とりあえず、オフィス街のおしゃれなデリ・カフェでニューヨークスタイルなデリを少しづつ注文しながらそんなことを考えていました。新宿のおしゃれOLたちはああいうところでおしゃれにヘルシーなランチを食べるのだな…、いいな。
どうせなら私も同じ東京なら都心のオフィス街で働きたかったよ。


それから東口の紀伊国屋や三越でお買い物。
ちょうどJOHANで焼きたてコーンパンが焼きあがっていたので並んで買いました。仙台の三越では焼きあがって即刻無くなるなんてなかったのにね。夕方6時くらいに行ってもかろうじて少し残っていたものだが、同じ三越でもえらい違いだよ。競争社会ですわ。

それから東口のお店をうろうろしていたらいろんなものを見つけました。
仙台で私が愛用していた生活雑貨のお店「キャトル・セゾン」を見つけることができてとてもHAPPYです。これで仙台で買って送らずに済むわ。
その他もろもろ、意外といいお店があり意外と買い物のしがいがありました。
昨日と今日は気分が憂鬱でしたが、今日の後半に巻き返した気分です。








クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ