2005/5/11

anego  

ようやく、文芸書を読むほどの心の余裕と懐の余裕が出てきました…。
しかし林真理子の本はいつ見ても怖いね。
いつも終わりが釈然としない、つうかマジ怖かったす。
でも面白かったけどね(o^-’)b
相変わらず超タカビーで変なところにこだわりを持つ頑固な女性を描いてますな…。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ