2005/2/27

オペラ座の怪人  

今日は立川にて映画を観てまいりました。
立川は綺麗に整備された街で映画館は現代アート美術館のような建物でした。
観てきたのは「オペラ座の怪人」
1番最初にオペラ座の怪人を観たのはテレビでやっていた映画版でした、もう15〜20年前かと思いますが。あとは劇団四季のミュージカル。
その昔の映画は今のオペラ座の怪人とは少し内容が違くて、オペラ座の怪人も昔は普通の青年で恋人がオペラ座の歌姫だったのですが、周りに才能がないことをののしられ飛び降り自殺してしまったのですが、そのとき自殺を止めようとして何かの拍子に自分に蝋燭の火がついてしまい顔にやけどを負ってしまい、それからオペラ座の地下でずっと死んだ恋人を想い続けていたところに死んだ恋人とそっくりなクリスティーヌが現れたというわけです。あとは話の筋は一緒だっとと思うのですが、たぶん昔はまだオペラ座の怪人は今よりメジャーなものではなく映画としてストーリー立てていくときどうしても原型のままではインパクトにかけると思ったのでしょう(作った人が)そういうあらすじを付け加えたみたいですが、今思うとその話のほうがストーリー的にはロマンチックかも。

シアタールームは400人収容の天井が高く段差があまりない大型だったのですが、その効果有りというか音響効果が絶大で幕開けのシャンデリアが上がり、昔の思い出がよみがえるシーンの時などすごいドラマティックにミキシングされた音楽とその振動に涙が出てきました。さすが元々作曲家だった人が監督をしているだけあります、音響は絶妙でありました。
しかし音楽は良かったけど映画は…、という声が上がっているようですが私はそうは思いませんでした。一言で言えばアニメのようにわかりやすくドラマティックです。私はここまで知れ渡っているストーリーだから逆にあえてストーリーに変な後付けとかおかしな変更はして欲しくなかった、古典に忠実に、そして奇抜なところがなく盛り上げて欲しかった。そこで音楽と場面場面をドラマティックに演出する、カメラワークもアニメチックにある意味ディズニーを思わせるようなシーン展開、本当に場面ごとにそれぞれ感動いたしました。お見事です。
そして出ている俳優さんたちも、特にオペラ座の怪人とクリスティーヌと恋人の子爵、イメージを損なうことなく美形でした。特にクリスティーヌ役の女の子、あくまで清純、清らかさと処女性を前面に押し出したマリア像のような女性。でも物語最後のほうで怪人に見せる怒りの表情、哀れみ怪人を受け入れる決意をする表情、女を感じさせました、そこで初めてただの清純を前面にだしたふわふわ女性から地に足をつけた女性へと変貌し、怪人の夢見る恋焦がれていた女の子から現実を生きる大人の女性へと変貌したことを強く感じさせました。
それぞれが見事に俳優の個性を消し去り、やはり原型に忠実なそれぞれ見事な演技ぶりでした。
最後が物足りないと思う方が多いと思いますが私はあんな感じで丁度良いと思います。アレ?と思ったけどあくまで現実に戻っていくみたいな…、そんな印象を私は感じました。ちなみにわたしだったら絶対子爵より怪人のほうに行くけどな〜〜〜。子爵と怪人とどちらが彼女を想っているかと言えば絶対怪人のほうが強く求め愛していると思うんだけどなぁ、見る目ないわね、まぁ16歳だから若く見目良いほうにいってしまうのも仕方ないかもねっ。


帰りにサントラを買いましたですよ、わたし。
そして今聴きながらうっているわたし。
うっとりです…



クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/2/24

第1段階突破  

わかってきたこと。
やつは明るいふりして、といっても根は普通に明るいのかもしれないけど、わりと頑張ってるんだな、と。近くにいるとわりとため息ばかりつくし。でもきっと子供さんの前ではあんな感じ。家族が仲良しなのは話を聞いていてすごく伝わってきます。
でもだんだんわかってきた…。
明るい感じだけど、じつは大変極まりないのだ!

今日はとてもそれが伝わってきた会話でした…。

そして私は7歳の娘と同じように甘やかされています…。
親っぽいからついつい甘えちゃうけど、私、30なんだよな…。

これからもう少し大人っぷりを発揮して気を使います。

0

2005/2/23

最近…  

疲れてんな、やっぱ…、とか思う。
毎日行くと予想だにしないことばかりが起こるし、何よりどんなに身構えてもその変化振りに付いていけず内心おろおろ、表に出さないようにしていてもなんか観察眼するどい上司にすべてお見通し状態だったりしてもうどうしたらよいかいつもヒヤヒヤもので…。

要するに自分を隠してるんだな、わたくし。
だってこんなに非力で知識不足なわたくしの本性がバレたら怖いじゃないですか。
ここまで来てGO HOME!はあまりにもむごいもの…。

入る前は体育会系だとタカをくくっていた上司は、かなりの知能犯というかいろんな手を使って紳士的に狡猾にわたくしのレベルみたいなものを値踏みしてきております…(てゆうか単純にどこまでできるのかいろんなことを質問し、やらせて見極めているんだろうけど卑屈になりつつあるわたくしにはそんなふうに見えてきている…)

あぁ…、てゆうかだませると単純に思っていたわたしが馬鹿だったん?

そうかもしれん、世の中には自分より上も上、かなり上の人がいっぱいいるのじゃ、そんな人たちを簡単にだませるゆうたら大間違いなんじゃい…。

もうそろそろ本気出してかからねばあかんね…。

だますよりも自分のレベルをあげなあかんがね…、だからいっぱいいっぱいになって休んでしまったんよ、しっかりしいな…。


うん、そろそろ後ろ向き人生なんとかせねば…。
大学のときにやらなんだ勉学をここいらでちょいと人生のための勉学という意味をこめてはげまなあかんね…。

このままでは終われないわ…。
気持ちを切り替えまひょ!

今日は自分による自分のための励まし文章でした。
失礼しました


0

2005/2/20

sex and the city  

最近、年をとったけど、その年の数だけ輝いている女性たち、有名ですよね!!例えば杉田かおるとか、杉田かおるとか、杉田かおるとか…。

素敵です!というかはっきり言ってすごいあこがれ、あぁなりたいなぁ、という対象、目標になりつつあります。というか俺もあぁなれればいいなぁとかそんな感じが一番近いかも。
負け犬。
私はその言葉とは実は遠い感じがします。
だって負け犬ってめちゃ仕事して稼いでてキャリアありありのただ結婚してないだけの女性でしょ?私は今までろくに稼ぐ仕事もしてないし、それなりのキャリアがあるわけじゃないし…、負け犬にすらなれない、ただ単に婚期を逃した女なんじゃないかな?ってずっと思っていた。
けれどわたくしも一応それなりのチャンスはつかんだ身、やれることは今のうちのやっとこうという気持ちには最近なりつつありまする…。

んで話は飛ぶけど最近見たDVD、「sex and the city」
実はかなり嫌いでした。2年前シーズン1のビデオを初めて見た時は。
つうか最初に観て簡単に受け入れられるのか?最近の女子は??
つうか私自身がそのときにかなり謙虚というか、婦女子の心得みたいなよくわかんない古典的な妄想に取り付かれていたのでとの度肝を抜くような内容にただただびっくり、呆然となりました。てゆうかなんなのよアレ、主人公の女性の職業がセックスコラムニストって。田舎の両親が嘆きそうなその肩書きは!!
あとほかにもイロイロ理由があって、わたくしの元彼さまのお姫様がそのビデオの台詞を暗証しているというくらいの入れ込みようでしたので、自然に嫌いになりました。(元彼とお姫様の関係については後ほどお届けいたします…、知っている人は知っているけどね…。)
しかし今になって観てみると、…ちょっと、いやかなりオモロイぞ!?
という感じになりましたです。
ストーリーはニューヨークという都会に住む30過ぎのそれぞれのキャリアを持つ女性たち、その女性たちのその時々の男性遍歴の様子を赤裸々に表現しているといった感じでざいますが…、
いやぁ、赤裸々っすよ、マジで。
でもわたくしのような30過ぎの女にはもう励ましにすらなりますよ、アレ。
結局は、というかどの女性も思っていることは幸せになりたい!!それひとつなんですが、30過ぎると自分もそれなりの個性が出てきているし、相手もそれなりの過去をかかえ、それなりにいろんな嗜好があったりして、どうあわせたら良いとか、どうしたら良いのか?ともう本当にあ、それオモロイけどわかるわかる!!というようなことが様々織り込まれていて爆笑もんです。
そして何よりも大きな都市に住むという、その環境がその女性たちの人生を左右しているんです。それなりにキャリアもあって自立していて自分流の生活がかなり出来上がっていてそのセレブでキャリアな生活が止められないというところも恋愛と生活の微妙なグルグル地獄になっていてそれもとてもわかる気がします。
変な感じ、こちらに来てわかったという感じもいたしやす。
仙台に、実家にいたらわからなかっただろう。
それと同時にかなり元彼のことは忘れたな、という感じもいたしやす。
昔ならそんなビデオ借りる気もおきんぜ!という感じでした。
それを率先して借りるとは…。
いやあ、一種の元彼を忘れているか自分を試すみたいな儀式っぽくなってたかもしれやせんが、でも平気でしかも面白く感じたんだから立派な卒業ですよね?きっと。
てゆうか面白かったんですよ、本当に。

さ、続きも借りてこなければ。
チャオ!

0

2005/2/16

上司さま〜後日談5〜  

昨日の話の結論。
考えてみました、大まかなりしも当たらずとも遠からずだと思う。
ここまでくるともう上司さま本人たちの気持ちの問題だから私がどうこう悩んだりする問題ではないのかもしれないけど、要は



本気で新人を育てる気があるかないかの問題ではないのかな?


おいらの上司がそんな気全然ないとは言わないけど、やはり人に教える暇があるなら自分でパッパッとやりたくなるんだわね…。私の今までの経験の中から導き出した結論、ひとつ。

理系の人は教えることを重要とは思わず。
むしろ自分でやるほうが早いから。
(つうか自分でやるほうが100倍面白いから)
PCインストラクターは文系出身者が多い。
教職取る人は文系が多い。

おれ、履歴書に日本文学科出身ってちゃんと書いてたよな?





でもすきです…。

ぼくもやっと東京のマシンガントークには慣れてきました
あと、業界しゃべりにも…。
咲かずに消えるはまだはやし…。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ