2004/11/7

芋煮  

今日は快晴!
七北田川沿いで芋煮会を開催。
高校時代の友人たちとその家族と行いました。
友人にはちっちゃな女の子がいます。
材料は私たちで切ってあとはお父さんに鍋を任せます。
子供とわたしたちは七北田公園をお散歩です。
枯葉舞い落ちる七北田公園をぷらぷらと歩きます。
途中、遊具を見つけた友人の子供はおおはしゃぎで遊具に向かいます、引き離すのになんと苦労したか。
「お鍋ができちゃうよ。お手伝いしてもらいたかったんだよ。○ちゃんにお鍋に具を入れて欲しいからね。」
切ってる時に具を入れ物に入れたりとお手伝いして大活躍していた○ちゃんはピンと来たらしく急いでお鍋のもとに帰りました。
しかしお父さんがすでにほとんどの具を入れてお鍋をかき混ぜていたのを見つけると大声で泣き出したのです。
「わ〜ん、○ちゃんがやりたかったんだよ〜!」
大粒の涙がぽろぽろ流れてました。
私はちょっと感動です。
こんなちっちゃな子でもめらめらと使命感を燃やしていたのだな、と。
でも大丈夫、お父さんはちゃんと考えてました。
○ちゃんに入れてもらう具をちゃんととっておいたんです。
ほっぺに涙がつたったあとを残し、真剣にお鍋に具を入れる○ちゃんはもう料理をする女の子の顔です。
私はまた感動です、こんなちっちゃな子でももう女の子なんだね、と。
○ちゃんに具を入れてもらったせいかとても美味しく出来上がりました。
快晴の午後、川原には人が大勢、少し風の強い日。
鍋がからからになるまでいただきました。
みそ味の芋煮は宮城県民ならではです。
バーベキューをやってる団体もいたけど、これだけでも十分なのだ。
ひさびさに人間らしい温かみを感じた休日でした。
最近、ひとりで登山とかしてるから余計身に染みたよ(笑)
ちなみに下の写真は鍋が終わって片付け終わった後の手作り釜のあと。作ってるときと食べてるときはそれに夢中ですっかり写真撮るの忘れていました。




クリックすると元のサイズで表示します
0

2004/11/6

硫黄臭(いま現在のおれの体)  

今日は山形にふらりとドライブ。

茜さす
  燃ゆる朱の山のすそ
        車走らせ湯気の中行く

で、温泉つかってきた。
すごい紅葉でしたね、その中を突っ切って酸性の強い温泉につかってきたよ。
染みる染みる…、赤子もびっくりだよ。
蔵王温泉はいまだに時が止まっているかのような脇道がいっぱいあります。電灯もない、暗い脇道、古びてすすけたカーテンがかかる6つに分かれた窓、二階の桟端からかかる木製のはしご、まるでカツオがそーっと降りてきそうな…(カツオのうちは平屋建てだけど)、小さな窓のついた木製のドア、昭和の生活の息吹を聞いた気がした。

そのあと昔から知るお店で夕飯。
大盛り学生向けで知る人ぞ知る山大医学生御用達の洋食の定食屋。がっつり食って、ねむかけしながら帰ってきた。
多少ねむくたって、暗くたって庭のように走れる山道。
僕は山道が大の得意なのだ。
昔はよく日付の変わるころ、走ってたからね。
ジェットストリームをよく聞いてたな…。
城達也さんだったのか?伊武雅刀だったか?
確か城達也さんのほうだったと思うんだけど…。
わすれちゃったよ、いつだっけか変わったのは?
0

2004/11/4

沖縄飲み  

わたくしが今日、行った沖縄料理店の画像。
アットホームな感じと、家から車で約5分の距離。
中学からの友人とのひとときの楽しい時間…。
料理はマジうまいし、泡盛サイコー!
銀杏揚げ、ジーマーミー豆腐、ゴーヤーのピクルス、最高っす。
わたくしのひさびさの命の洗濯の時間どした。
最近外飲みしてないからのぅ…。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2004/11/3

学徒  

今日、はじめて職場の学生あがりの男の子から私に話しかけてきた。
前にその仕事ぶりに怒った例の彼です。
彼はなんと私とほとんど歳が変わりなかったのです!
びっくり!!
なんと国立大を受かっては辞めを繰り返し転々として、この歳になったようだ。
そして来年から院に行くという…。

なんつうかすごいよね、そこまでいくと…。

でも話しかけてきてくれたことは実はなんか嬉しかったのでした

僕はあせるまい…、職場の仲間として仲良くなれるとよいな。

あれほど嫌悪感を感じた彼だが、なぜにあれほどまでにと少し考えた。
わたくしが前にお付き合いした人と共通点があるからなんだよね。

学生期間が人よりも倍も長かったところ、いい歳して学生感覚が抜けてない、とっちゃんボーヤみたいな感じ。そして本人は社会人として自分を確立するより生涯、学究の徒として過ごしたいと願っているところ。

私はそういった人すべてに嫌悪感を感じるわけではないけど、そういう人が往々にして持っているある部分、勤労の人になりたくない、大人になりたくない、働くということを人生の主軸にしたくない、という私から見ると“逃げ”に感じる部分が嫌いなのだ。

学生って楽ですよ。
大学出たあと、別の大学の聴講生になった私が言うのだから間違いない(笑)
社会に出るの怖いし、嫌だった。
そんな程度の人間じゃないと思ってた。
勉強、研究を続けていけば、高いレベルの人間になれると思っていた。

自分は違うと思っていた。
今思うと変なの。
足を踏み出せば、頭を使うよりまず体、とても人間らしい生活が送れる。
実感…。
だからといって大学に残って研究したり、生涯研究にささげる人を蔑んでいるのでは断じてない!
少しうらやましいのですよ。
残れる人はほんの一握りですからね。

なにはともあれ、僕はぼくの道を行く…。
やっぱそれのみですな。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ