2004/10/11

恋バナ(に入るんか?これ…)  

お友達のミキピさんのブログに影響されましたので、
私も今日はささやかな恋バナを書こうかと…。
もう、ほんとにくだらんバカ話になっちゃいますが、良ければ御目を拝借…。

なぜかってきっかけは今日のメール。
お別れして久しい元彼さまにメールを送りました。


  お久しぶりです。

  今日会いましたよね?

  お元気でしたか?



やはり返事は返ってこずです。

ではなぜメールを送ったかって?
それは…、
それは…、
それは、偶然だったんです。
偶然、今日の夕方スポーツクラブでお会いしたからなのでした。


それも鏡の中で。
ルームランナーで爆走していたわたくし。
前面は鏡張りです。
わたくしのうしろの機械を使って、
体をうごかす元彼さまを確認いたしました。

なので目も合わせておりませぬ。
あちらは気づいてなかったのではって?

いいえ、気づいておりましたよ。
元彼さまは常々ルームランナーを使って運動するのが日課でしたが、
空いているランナーがあったのに、わたくしがそのコーナーにいるので
すぐ二階のフィールドのほうまで走りに上がって行きました。
フィールドからは1階が丸見えです。
逆にこちらからもフィールドは丸見えです。

わたくしはテレビ画面に集中するふりをしてしっかり確認しましたよ。
元彼さまがすぐ下で走っているわたくしを目で確認したことを。

その場はわたくしから去りました。


その後、友人のおうちへ。
高校時代の友人で、今や主婦ですが、だんなさまがスポーツ合宿へ行っておりませんでしたので、夜中まで気兼ねなく話しておりました。
いつも仕事帰りにだんなさまのように、ご飯食べさせてくれてありがとう。つまみとワインでメインディッシュが出来るのを待つわたくしは本当にだんなのごとく振舞っていましたね。
この場を借りてお礼申し上げます!!

で、この日もやはりご飯を食べさせてもらいながらの近況報告。


   今日ね、会ったんだよ、偶然。
   
   ほんと!?

   うん、何も声かけてこなかったよ
   挨拶くらいしておいても良かったかな?

   そんなに気になるなら連絡してみたら?

   いや、電話して拒否られたら嫌だし。

   でももうだいぶたっているよね??
   あっちももう気にしてないんじゃない?


そうか?そうなのか…?
でもさすがに電話は抵抗あるわたくし。
なので短いメールを送ってみました。
やっぱり返答なし…。

たぶん「は!?なんだよ、これ??キモッ!」
くらいに思ったんじゃないかな?
こういうときの男性の心理を教えて欲しい。

たぶんその場で挨拶するくらいなら平気だったんだろうけど、
メールとなると少し親密さみたいな雰囲気が出て来てしまうから、
抵抗があるのかな?
でも私もその前の彼氏からメールきたらいきなり嫌かな??

でも道で会って挨拶してきたらこちらも思わずペコッくらいはするかも。

あちゃーっ!!地雷踏んだか!?

でももうとっくに関係ないからいいんだけど、
あちらの心にはますます嫌な人間として記憶されるんだな、と思うと
少ぉーしばかりブルーだな…。

0

2004/10/8

祝・合格!  

!!!
嬉しい限りであります。
勉強嫌い、試験嫌いのわたくしもとうとう実務レベルにおいて役に立つ資格を得ることが出来ました!
今までの資格試験でめちゃ夢見がちだったのは歴史検定か…?
歴史物大好きの私はたまらず、高校生や大学生と一緒になって受験し、歴検○級を取得でありましたが、漢字検定と同じくらいある意味、無意味では…?あとなる気もなかったのに教職とか…?まあ、いいか。取っておいて損はなしですものね。
それにしても今回は一週間、びっちり模擬試験受けまくりで、何をしていてもまったく気が晴れず、職場でも無口になりおかげで嫌われちゃったぞもな。まあ、この件については自業自得の部分もありかな…?
でもようやく普通の精神状態に戻りつつありまする。いやあ、良かった良かった!
とりあえず試験終了後、自分にごほうびで良い香りのバスソルトを買いました際でございます。
これがシンプルでかわいくてよいにおい
さっそく、今日お風呂に入れてしばらく熟睡してなかったものでここぞとばかりに眠りこけまする…。
とりあえず今日は乾杯という感じで。
0

2004/10/6

マジ試験  

わたくしが通っております学校での勉強の総決算、試験がもうすぐであります…。いやあ〜、真面目に試験受けるのって何年ぶりだろうか〜。職場の資格試験は自動的にお金を引かれていたのでお義理で試験会場までは行ってたけど、ほんと行くだけって感じで時間をつぶしたりもしたものですが。う〜ん、大学入試以来か…?まあいわゆる資格試験でありますが、実はほとんど自宅勉強はしておりませぬ…。
昼は学校、夜仕事でいつ勉強すればいいのかい!?
なのでこの学校に通い始めることが決まったとき、すでに朝から真夜中までびっちりの生活が始まっていたため、その場で速攻そして確実に頭に叩き込む、と自分自身に誓ったのですが実行できているのかどうか…。
でも自分ではなかなか頑張っているとは思うのですよ、わたくしは試験では必ず予想の百倍は緊張して頭真っ白、パニック必然の人間なので今のうちからすごい緊張感を体にみなぎらせながら模擬試験を受けている状況であります。
真っ白になってもある程度、頭に知識の痕跡が残っていてそれをたどれるようにわからなかったことはその場で徹底的にたたきこんでおります、というかたたきこんでいるつもりです。
その上、最近仕事が忙しくなってきて早く帰れる日なんかありません。
今日はいいかな…?と期待するもいつもいつも午前様、かろうじて土曜は比較的早いのですが、平日は完全アウトです。
ストレッサー…。
どこで発散すれば…。
という感じでまた太ってきました、ええ、食べて発散してますよ。
ただでさえ試験がプレッシャーなのに、仕事の忙しさが完全追い討ちをかけて、かつプライベートな時間なんかどこにもありゃしない。
かろうじてこのように真夜中にHP書くくらい?
まあ、良いわ。
試験終了後、またダイエッターズになる予定です。
しっかし私も弱いのかな〜。
ますますいい女像から離れてゆきますわ!
ぷんぷんっ(さとう珠緒風)
0

2004/10/3

回復  

どうやらウツッキーは過ぎ去ったみたいで…。
ええ、昨夜が完全ピークでした、心当たりのある方たちには大変ご迷惑を…。
気持ち的には病み上がり的な少しけだるさが残る清々しさ。
永い眠りの後の目覚め、という感じでしょうか?
客観的に考えてだいたい、週末か、週明けくらいには回復するのではないかと一週間前くらいにはぼんやり考えてましたが、ま、本当に予想通りだったみたいで…。
昔、誰かに話したことがあるのですが、そのときは気味の悪い人間だと思われるのが嫌でほとんど人には話さなかったのですが。
つらいとき、苦しいとき、私は私の中にひっこんでしまいます。
なんとも説明しづらいのですが、私自身というか私の核の部分というか私そのものが奥のほうに引っ込んで冬眠するというか、出てこなくなります。するとどうでしょう、私の体自体に私自身がお留守になるという形が出来上がってしまうわけですが、そうなると日常生活はどうなるかというと、それまでの経験くんや培われた知識くん、はたまた周りから変な目で見られないための常識くんたちが現れて、いかにも私が普段どおり普通に生活しているように動かし始めるのです。
特に注意深く見なければなんとかごまかしたり、見逃してもらえたりする範疇なのですがやはりいつも組みになって仕事をしたり、話をする人にはなんかおかしい?とばれていたりします。そうは言っても私はなんとか普通であるように見せかけようと努力努力といたしますので、その人はわけがわからない。どっかねじが一本飛んでるのですが、仕事は勝手に口や手が動いて一応こなしているような形を作っている。でも仕事ってそういうことじゃないでしょう?とりあえずこなそうとすると何か違和感がどんなに単純作業でも生じるはずです。
でも私は「今日ちょっと調子悪くて…」ともなんとも言わず、でも自分自身がどっかいっちゃってるので気軽トークなどが出来ない状態でもある、そのくせ形だけ、白々しく「はい、御願いします」とかなんとか言っちゃってるわけだから、組んで仕事をしてるとだんだんそのなんともいえない違和感にイライラしてくるわけなんですよね。
そうすると私にもそのイライラ感が伝わってくるわけで…、余計何も言えず仕事を形だけこなそうとする…。
悪循環ですよ、そういうときには本当は仕事に行くと逆に周りの人に迷惑がかかるので行かないほうがよいかと思うのですが、そうもいかないのが現実…。
でも思うにその状態は少し恵まれているのではないか、と逆に考えるのです。気持ち的にちょっと変だからと言ってそれで周りに迷惑かかるから自分もつらいからと言ってすぐ休んでいてはいつまでも周りの人に心を開けないじゃないですか。
つらいならつらいって言えばいいじゃないですか?
つらいけどつらそうにしないで、仕事をこなしてるとかって前まではすごいなあという感じで賞賛してたりもしましたが、今はなんで?という感じです。美談にすらなりません。尊敬はしません、別に無理することないじゃん、ちっともえらくないよ、言えるひとのほうがよっぽどえらいです、と私は考えます。

ただ言った後、極端に甘えたりするのは論外です。
あと無理してて無理してない人を見るとイライラしたりするのもへんだしね。

弱いところを人に見せられない人はコンプレックスのかたまりなんですよね。
そう言われてああ、そうか…、と少し考えました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ