2004/9/12

music for our life 〜stage1〜  

今日は通称「ジャズフェス」、定禅寺通りストリートジャズフェスティバルに行ってまいりました。仙台の街中はどこ行っても人、音楽、人と、大変にぎやかで混雑しておりました。
エリアが11、ステージが45もあり、様々な場所で時間交代で様々な団体が踊り、唄い、演奏を繰り広げておりました。
本日の私のお目当ては2ステージほどあり、まず午前中は私が所属していたサークルの方が出演するというアカペラのステージでした。唄う方々は「新月列車」(下記URL)という劇団の方々でいつもはもちろん演劇をされているけれども今回は合唱というかたちで参加されたようです。
男女混合の幅広い年代のコーラス隊、一緒にきた友人の忘れ物を取りに行ったり途中で花を買ったりでバタバタしながらギリギリに到着した私はすでに汗まみれ。そんな私に一陣の風がふわっと吹き付けるような出だし。
最初はオーソドックスな合唱形、ギターを取り入れたオリジナル曲、それから映画「シカゴ」で歌われた「all that jazz」、それからカントリーロードと様々なジャンルの歌を大熱唱!みなさんさすが演劇をやっておられる方、歌っているときの立ち姿も見ている人にアピールするように歌に邪魔にならないような、ちょっとした動きをくわえたりとか、エンターテイナーであることを確認いたしました。
しかしなんと言っても座長さん、すごい音域の広さ、加えて音量、音に対するセンスの良さ、アピール度高し!いやあ一言でいうと激ウマですわ。おとといのライブでもそうでしたが、すごいっ!ていうか鶴の一声のような(使い方が違う?でも言葉の感じが声のイメージ的にそうなのよ)わおっ!!!てゆう歌声を聴くと本当鳥肌たちますよ、マジで。そう、ビリッとくるの
もちろんわたくしの知り合いも格好よくキメテおりました。わーん、本当ですよ!○○こさーん!!だけど、座長、すごすぎる、一緒にきた友人はデジカメ撮りながら泣いておりました(笑)
とそんなこんなで1ステージを堪能したわたくしたちは昼食後、2ステージ目へ。


http://www.h4.dion.ne.jp/~newmoon/
0

2004/9/11

今日はお休み  

長い一週間でした。
劇的な変化を遂げたと日記にだしたところ、その表現に心配の声と思わぬ反響があり、かなりおおげさな表現しすぎた?と反省した次第で、お休みに入りましてさっそくこのように更新しているわけでございます。

実にたいしたことはないのです。
ただ親方とはもう永久にさよならいたしまして(笑)。
ちょっとした学校に通っております、といっても短期間ですが。しかしこれからの自分に有益になることそのうえで自分に対する自信をつけるなどを考え、しっかりと知識技術の習得に励む所存です。
ただ放課後はやはり生計のために仕事をしていますのでやはりどうしてもプライベートな時間が大幅に削られ、なかなかHP更新もままならない状態でいることは確かです。仕事も今の時期は忙しいため帰宅は午前様が多いし、睡眠不足も相当きてます。私の年齢、体力から考えるとなかなか厳しい1週間でした。
しかし嫌じゃない!むしろ楽しいのです。

勉強、仕事などで徹夜続きで目の下にクマを作って、でも口元はニヤッと笑っている人いますよね?きっと満足感たっぷりなんだと思うのだけど、ちょうどそんな感じです。
こうして週末も休めるし(でも夕方から仕事(笑))、まあなんとかやれそうかな、と疲れた顔でうふふと笑っておりますよ。
昨日は夜にライブ(そのことはblogページに記載!)も行きまして学生時代のように充実した日々をすごしております。
のでのでときたまになりますが更新もしてゆきますゆえに今後ともよろしく御願いいたしまする。

0

2004/9/9

いい意味での変化、変化による重圧。  

実はこの頃劇的に環境変わりまして日記の更新はしばしご容赦を…。
0

2004/9/5

職場、雇用者、労働者、規律  

金曜日の話。
職場で所長に土曜も出てくれないか?と言われたが断った。
それを聞いていた親方が後から、
「○○(私の苗字)さんが来てから生産量が落ちた。だから土曜もでなくちゃならないんだ。俺だって出るんだ。」
朝、これから仕事をはじめるというときにこれだ。
意地悪ばあさん?
てゆうかそこまで言う人ひさびさ見ました。
私はわりとゆるい職場にいたせいか、そこまで言われたことがほとんどない。忙しいところや規律のしっかりしているところであればよく起こることなのかもしれない。だが本当にいるところにはいるもんですな。しかも親方(笑)
もう少し若ければもしくはここで一生仕事する気なら私も出ます、と言ったかも。
でも出ないもんね〜。
明日も何言われるか楽しみだわ。そして会社、職場の規律というものをもう少し体感しよう。いままでぬるま湯につかりすぎていたせいか、配慮や気遣いの部分が私にも欠けているな、と思うことも時々あり反省もする。
私にはいろいろ計画があり、これは一段階にしか過ぎない。もう次にやることもすでに決定しており、おおかた準備も出来ている。
短期間の労働で辞めるのは悪いとは思うけど、短い間にもう少しお勉強させていただくつもりです。
0

2004/9/2

夏休みももう終わりスペシャル! 親方観察日記もしくは親方と私の愛と怒涛の日々の記録(笑)  

8月18日 親方と最初に会う。無口であいさつをしても答えず。私もそのときは特に気にせず。

8月23日 今までほとんど接点がなく、パートさんから教えをいただいていた私に親方少しずつかかわりだす。ただ取り付く島がないというか、デスコニュニケーション気味。でももくもくと仕事をこなす、親方の姿に職人粋を感じる。

8月24日 職人粋は感じるが、何か納得いかないものも芽生える。

8月26日 完全対立。午後に他の職場のヘルプさんが来るまで一触即発の状態。午前中は何か言われたら100倍にして返そうと臨戦態勢で仕事をしていた。これ以後ヘルプさん毎日くるようになる。とりあえず戦争は回避された(笑)。

8月30日 依然として冷戦状態が続く。ヘルプさんだけが今のところ唯一の救い。彼女は元々は別の職場にいる人で、忙しいときだけきているという立場上私と親方の中間位置、そして橋渡しの役割を担う。

8月31日 なんと親方私の仕事に関するブラックジョークにはじめて笑う!!(驚)
でもそのあと一言「でもそれだと困るんですけどね」。きちんと釘は刺す。

9月1日 昨日の笑いのおかげか、私のほうが気をほぐされたらしくわけわからん言動、嫌味なお言葉にもあまり気にならなくなる。ヘルプさんも彼の態度をほぐす役割を果たしてくれ、ヘルプさんと彼の会話に私がほんのちょっとのコメント参加型という新しい形のコミュニケーション形態が生まれる。

そして現在に続く…。

先生、いかがでしょう?
でもね先生、親方は親父ではないか思われているかもしれないけど実は私とだいたい同世代かと思われるんですの。キテレツ大百科のキテレツ君っぽい感じのじじむさい青年ちっくな人なんでございますのよ。それなのにあのガンコ親父ぶり…、波平さんも負けますわ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ