« 叱咤 | Main | 新宿 »

2005/10/23

ありがとう、私の前の前の前の恋人  

生きることを憎んだりしていたわけではなかったけれど、いつもなんとなく夢の中みたいにすべての画面が遠くぼやけていた。いろいろなものをすごく近くに感じたり不自然に遠く感じたりした。
その頃、私の世界の中で色がついていてまともに私の耳に聞き取れる言葉を話す人は、知り合ったばかりのハチしかいなかった。
だからハチと過ごす時間が一日にうちで唯一私が自分とデートできる時間でもあった。
それはとても短くせつないランデヴーだったが、すべてが秘められた、芽だった。陽に向かって、ぐんぐんと官能的なまでに大らかに、伸びてゆくため。

吉本ばなな著「ハチ公の最後の恋人」


私が一番長く、そして深くお世話になった恋人、やはりこんなふうに私の一番、えぐいところの深いところの暗い部分を見せて、そして下ばっかり向いて歩いていた自分に希望とやすらぎを与えてくれました。
ありがとう…。
私はいっぱい我儘と愚痴を言って困らせました。
私より若いのによく頑張りました。
ありがとう…。
今やびっくりするぐらい幸せで子沢山な家庭を築いているであろうあなたに感謝と、これからの幸せと祈りをこめて書きました。
ありがとう…。
暗く、さまよっていた私にささやかな幸せとさらなる幸せをくれたあなたに…。







0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ