2005/3/31

人との関わり合い  

今日は職場で今までしゃべったことがない人やあまり普段は話さない人たちとしゃべりました。
するとどうでしょう、今日の夕飯、お米の粒まで美味しいのです!
人とお話しすることは私にとって今は気分が高揚する貴重な体験です。
閉じ込めておいた心がどんどん開放されてゆくようです。
それにはたぶん自分から歩み寄るということが大事なのでしょう。
今までは相手がどういう人かまったくわからないし、“東京の人”という感じにひとくくりにして自分から1本線を引いていた気がします。
でも同じ人間なんですよね?って改めて問いかけてどうする!?
人と関わることは人生を紡ぐこと、魂が震えることを意味すると言っても過言ではない。意味のない係わり合いなんてない気がするのです。


でも腹の立つ人との係わり合いもある。
私はどうしても人にまねをされたり変に自分を隠すがごとく、まるで滅私奉公されるかのように接されることが嫌いです。人に調子を合わせているつもりなんだけど全然不自然だしすぐ影響を受けられても困ります。
特に男性でそういう人は大っ嫌い。
そういう人と今日は面と向かって昼ごはんを食べていました。まるで鏡を見ながら食べているようで気味が悪くてイライラして食べているものもまずくなるようでどうしようもなく腹が立ちました。
確かに私も素直に前面に自分を出せるタイプではないけど真似までされるともう論外です。
一見気を使っているように見える行動だが、その場で人の心を察したり人の様子に気を使ったりは全然出来ない人で、自分の話しかしないのです。でも気遣いが変なところに出ているというかなんというか人に調子を合わせるつもりで人の真似したり自分を消したりとなんだか人っぽくなくて気味が悪かった。
すごいあべこべで交流しようとしてもでこぼこしていて完全にデスコミュニケーションでした。
その人は同じ職場の同じチームで、いろいろと気を使ってあげなくてはいけないとわかってはいるのだけれど、イライライラ…。
誰かが先回りしてわかってあげないとコミュニケーションが成り立たないという厄介な…。
上の人たちははっきりと、おまえなんでいつもそうなの!!と怒っているけど(半分あきれている)私は一応一番新人なので言いたいけど言えない…。

ああっフラストレーションがっ!!!

しかも昨日の飲み会でも最初は席が離れていたのに途中から引っ付いてきて席を離れても引っ付いてきて私の代わりに私の仕事の内容なんかを人に説明したりしやがって…。
イライライラ…。

ダメだ!にっこりきっぱり断ろう!!
はっきりくっきり大人らしく伝えよう!

甘えが少しまじっているようででも親切心でもあるのがはっきりわかるのでとても言いづらいが悪いけどきっぱり断ろう!
もうそんなに関わらないでください。(もちろん困ったことが起こったときだけで、しかもこのような意味が含まれるもう少しやんわりとした言い方で言うが)


でもわたしはNOと言えない人間…




むかしっからなんだよな…、自分をすり減らすダメな性質のひとつです…。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ