珊瑚家では、孤児のワンコを預かって家庭犬として再出発させるための練習をする
フォスターボランティアを始めました。

初代のサワー君に続き、2代目のぴょんぴょん、そしてルナも素敵な家族に恵まれ、
幸せをゲットすることができました。
そして、長らく珊瑚家で修行していたウィンターはトライアルから正式にお迎えいただくことになり、本当に嬉しいです。
入れ代わりで今度は小さな仔犬のジェンナちゃんを迎えて社会化リハビリスタートです。

皆様どうぞ御声援をよろしくお願いします。

2014/10/20

お散歩中のうんちとしっこ考察  人との共生


先日、珍獣るーちゃんを連れて珊瑚とお散歩に出かけたところ、
るーちゃんが放置ウンコを踏みそうになって大慌てしました。

道路の端を歩かせると、そーなりますわな。
もちろん速攻で拾いましたけれど、下手したらしゃがんで手で掴みそうでしたよ。



そんなこともあって、放置ウンコ断固反対!


珊瑚家は、できるだけ地面を汚さないようにと思っています。
なので穴から出てくるのを直接袋で受けます。
冬場は手が温まります。
たまに直立したのが腕に向かって倒れてきて、袖についたりして。


ところが、ウィンターはとっても打点が低い!低すぎるっ!
しっこもうんちも同じポーズ!

しかも構えるまでめっちゃ時間かかるのに、構えてから出るまでが早いっ!

クリックすると元のサイズで表示します


実際にはこれよりも低く、地面スレスレなので、手が入りません。間に合いません。

仕方ないのであとから拾います。




ところで、お散歩中のうんちを拾うのは当たり前!として・・・・

しっこの方はどうしていますか?
珊瑚は草ボーか枯葉のじゅうたんのところでします。
預かりっこにも、そうさせます。

それでもやっぱり公園の出入り口なんかは、皆がいっせいにジャージャーやるからか、
臭いますよね、気になるなぁ・・・


やっぱり自分が所有していない土地であるなら、それが公共の場であろうと、なんらかの後始末はしたいものです。
と、先輩ボランティアさんがおっしゃっていたのを聞いて、ハっと目覚めました。

それで今はお水を入れたボトルを持ち歩き、都度掛けるようにはしていますが・・・

土ならまだしも、コンクリートやアスファルトの上だと、
ただ薄まって広がるだけという難点があります。
そのまま放置よりもマシなのかどうか・・・・疑問ですよね?





クリックすると元のサイズで表示します

さて、先日開催された京都アニラブでの京都市家庭相談所さんのブースでは、
里親募集や幸せになった子たちの写真はもちろん、
こんな掲示がされていました。




直接施設を訪れたときに初めて見て、なるほど〜〜っと感心いたしましたので、
みなさんにもご紹介しましょう。




クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


よーくご覧くださいね。
うんちではなくって、おしっこの始末のやり方の紹介です。


豊富な写真と分かりやすい解説で、そういう「作り方・魅せ方」にも感心しましたけれど、
こうしたことを皆がやることで、少しでも町をキレイにしようという気持ちが広がり、
犬嫌いの人にも理解をいただけるのでは?と思います。


そして、こういうことを「楽しもうよ!」っていう姿勢を貫いているのがまた良いっ!

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



いかがですか?

もちろん珊瑚家のお散歩バッグの中身はフル装備です。重いです。
どんだけーってくらいいろんなものがごっちゃり入っています。
以前は小さなトートバッグにうんち用袋とティッシュくらいでした。
今はもうそんなんじゃ不安で無理〜〜


そんなわけで、珊瑚家は普段舗装されたところにはしないのですが、
たまにあれ〜〜?っていうこともあり、
ペットシーツは一度だけ、やってみる機会がありました。
アスファルトって存外凸凹していて、カンペキは無理でしたが・・・
それでも、「そんなに手間じゃない」という感想です。


水ボトルも2本。
おしっこはアルカリなので、中和するためにクエン酸なんかを溶かしていましたが、
面倒くさいので、安いお酢を入手してお酢入りにしようと思っています。



おしっこは犬たちの大切なコミュニケーションのためのお手紙でもあります。
人気の場所は上書き上書きで大変な汚れと臭いがしみついています。
それが、民家の塀とか、電柱とかなんですよ。
角地のお宅なんて、絶好のお手紙スポット。
本当にお気の毒です。
私の家の前だったら発狂しそう。

だから絶対そういう場所、住宅街では、なにがなんでもさせない。
たまたま雌だから、そんなに大変なことじゃないっていうのもありますが。


ともあれ、道路にしても公園にしても、自分の土地じゃないなら、相応のマナーというのはあると思いますから、状況に応じてきちんとしたいなと思います。



そこでしちゃダメ!っていうしつけは、実は簡単。
途中からでも可能です。
歴代のお外派保護犬たちも、ちゃんと舗装路ではしないようになりました。

あ、犬をしつけるというより、飼い主のしつけですかね・・・・
犬を叱るんじゃないですよ。
飼い主さんが動いてくださいね。ダメゾーンは小走りですよ。

それでもダメならペットシーツ!













にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


1

2014/10/19

どうぶつ基金の写真展2014  人との共生


公益財団法人どうぶつ基金さんの写真展に行ってまいりました。

御堂筋線本町駅の真上の激オサレなカフェに隣接。


この天井の高さはナニ?どしたの?これ日本ちゃう大阪ちゃうヨーロッパかよっていうくらいのビジュアルにまずは腰くだけ〜

クリックすると元のサイズで表示します


パネルもオッサレ〜

クリックすると元のサイズで表示します


入賞した作品だけじゃなくて、可愛いワンニャンの写真がいっぱい。
一点につき一枚のでっかいパネル、これはすごい!


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



あぁ、本当ならここにこの写真があるはずだった・・・


今だから言うけどほんとに惜しかったんだから!


敗因は写真のサイズが小さすぎたってのは絶対あると思う。しかもピンボケだし。
引き伸ばしに耐えられるサイズじゃなかった・・・


そんなサモシイ負け惜しみを言ってる場合じゃありません。


ほらほら、こういうことを知ってもらわなきゃ〜




クリックすると元のサイズで表示します

殺すためのシステム、しかも決して安楽死ではない【安価】な方法に
莫大な税金が使われています。
しかもそこには利権が絡みます。



クリックすると元のサイズで表示します

確かに餌をあげてイイコトしてるつもりになってる人は実在します。
でもそのことによって困る人もいるわけで。


飼いネコが産んだ子を「仔猫もらってください」と書いた紙を貼った段ボールに入れて日曜のうららかな午前中に公園の砂場に置くってどうなの?


それが犯罪であり、100万円の科料(当時の50万円から現在は改正されています)なんてことを、まず交番のおまわりさんは知りません。
ちなみに、そういうのを年中扱っていて、法律にも詳しい警察官がいるのは「会計課」です。


は?会計?

なんじゃそら?
でしょ?


会計課は事件は扱いません。
日本の法律上、犬や猫はモノなので、落し物係=会計課が担当です。



猫も犬も大嫌い!だから公園のしげみに毒を盛った餌を置く人間はどこにでも実在します。
いつもどおりのお散歩中に愛犬が食べて、死ぬ・・・・

珊瑚の兄弟犬も・・・・それで亡くなりました。


ニュースにはなりますが、連日ワイドショーにというほどでもない軽さ。
人間が食べてバタバタ死なない限り、世の中は変わりません。



そう。
犬や猫が好きとか嫌いとか、っていうことではなくて、
環境問題、社会問題なんですよね。
虐待から殺人にまで発展する数々の悲惨なニュース。
もっと早くきちんと捜査していたら・・・・
誰もがそう思ったはずです。


そういう視点で考えましょうねってこと。


「さくらねこ」

これは本当に知っておいてほしい言葉。
詳細は今知らなくてもいいです。
いずれ知りたくなるときが来ますように。



犬嫌い猫嫌いは、犬好きと猫好きが作っているのだ。

誰かが言ってたこと、折に触れいつも噛みしめています。
本当にそうだなと思うことがたくさんあるから。
内心はとても悔しいです。


ちょ〜っと重たい話題だったかも知れませんが、
おちゃらけ珊瑚家、実は結構真面目一家なのでね。
ただし、法律とか数字とかにはめっちゃ弱いので、興味のある方は是非調べてみてくださいね。




最後に、写真展への応募に際し、応援してくださった皆様にはこの場を借り厚く御礼申し上げます。















にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


1

2014/9/30

2014京都アニラブ行ってきました!その2  人との共生

大変お待たせしてすみませーん。前回の続きです。
(いつの話やねん)





京都市家庭動物相談所さんのブースは
掲示物がとっても充実していました。

行政なのに?ってびっくりするくらい、手作り感が温かくて大好きです。
ほかのちょっとびっくりな掲示物も次の記事でご紹介しようと思います。


京都市家庭動物相談所のブースの掲示物は、とっても凝っていてびっくりしました。
職員さんの心意気が伝わってくるというか、ほんと盛りだくさん。

クリックすると元のサイズで表示します




京都市には大学がたくさんありますが、
立命館・同志社・京大の学生有志が連携してブースを出展していました。
地域猫ならぬ大学猫!
へぇぇ!

確かに大学のキャンパスって猫が好きそうなエリアがたくさんありますものね。

クリックすると元のサイズで表示します

餌と掃除、TNRなど、お世話のメニューは盛りだくさん。
しかも毎日。
知名度が低くてなかなか理解が得られないとのことでしたが、
この日を境に、私も含めて「知ってるよ!」っていう人が増えたことでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


おっと〜〜!
彩ねえさんも熱心に学生とお話しされてました。

それにしてもフツーの恰好にスニーカー。
アタシよりも地味!爆
でも1000倍美しいっ!

そうやって市井の人にすっかり溶け込んでいる姿にも感銘を受けましたよ。
これが、場面が変わるとメイクもドレスも違って別人のように妖艶になるんですね〜〜
そういうのもぜひ見てみたいです。
ディナーショーとか、いいなぁ〜〜

クリックすると元のサイズで表示します >


介助犬や聴導犬などの、がっつりお仕事系の団体さんのブースも。

クリックすると元のサイズで表示します




介助犬のオーナーさんとの記念写真、
こっち向いてくださ〜いって叫んだら、ちゃんとこっち向いてくれました。
わおわお。

クリックすると元のサイズで表示します



出番が終わったら居なくなるのかと思っていたら、
ずっと終わりまで、売り子さんやったり会場内をくまなく歩いていらっしゃいました。
どんだけ気さくなの〜〜


クリックすると元のサイズで表示します


この秋田犬ちゃんもナデナデしてもらってたね〜

クリックすると元のサイズで表示します



急に人々が一斉に上を見上げたのでなんだなんだ?と思ったら・・・

クリックすると元のサイズで表示します

京都市内のご長寿わんにゃんが次々と映し出されておりました。




いやしかし、いわゆるペット博のような商業ベースではないイベントながら、
思った以上に丸一日楽しめました。
来年は珊瑚も一緒に!



続く








にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


2

2014/9/24

2014京都アニラブ行ってきました!その1  人との共生

今年も動物愛護週間ということで、各地でアニマルフェスタやってますね。
ペットシッター&ペットホテルの3peaceさんにお誘いいただき、
私も行って参りました!
京都のアニラブフェスティバル!

琥珀君がお伴をしてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなに静かできれいで真っ白なトイプーはあまり見たことがありません。
最後までとってもおりこうさんで、可愛い可愛いと大人気でした。

クリックすると元のサイズで表示します

開始早々に着いたけどものすごい人〜
まずは村田氏からの基調講演。

クリックすると元のサイズで表示します


続いてパネルディスカッション。

京都に動物愛護憲章を制定するということございます。



クリックすると元のサイズで表示します


左から杉本彩さん(一般財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長)
村田英雄さん(京都産業大学総合生命科学部教授・獣医師)
内田孝さん(京都新聞社編集局)


この日はとにかく真夏の暑さで、じっと座っていられず、あとでじっくり見るからと動画を撮ったつもりがスイッチオフのままで残念。
肝心なときになんでいつもいつもそうなるのか?

それにしても、長生きしている割に、芸能人というのを見たことが無いので大興奮。


(スマホにズーム機能があるのを知ったのはずっと後・・・・バカですねぇ)



さすが「見られること」がお仕事でもある彩さん。
他者がお話しているときも、ちゃんとそのお顔を見てしっかり聴いておられました。
「聴く技術」の素晴らしさにも感激。

お話の内容を覚えている一部だけご紹介。(動画に頼ってちゃんと聞いていなかったし撮れてなかったし)



京都人は美意識が高いから、「不細工なことはできない」という観念が徹底しているため、
マナーについてはかなりレベルが高いのでは?


トレーニングに出せばすぐ問題が解決するという安易な考えが、やがて手に負えなくなるという問題の元になり、殺処分につながっているのでは?


そして、司会の
「テレビでもっと発言なさったらいいのでは?」という質問に


テレビでお話できる範囲というのはとても狭く、
殺処分がこれだけあるから減らす努力をしましょうだとか、マナーを守りましょうだとか、そういうことしか言わせてもらえないこと

もっと突っ込んだことを言えない理由の一つに「スポンサー」の関係が大きい・・・


一番圧力(というおっしゃり方ではなかったけれど)のゆるいのはBSかなぁ・・・


とおっしゃっていたのが印象的でした。



とにかく表現力、まとめ方の技術、話す技術もさすがだと思いました。






とにかく暑いので、琥珀ちゃんと木陰に移動して持参したパンをほおばり、
琥珀ママといろいろおしゃべりして
いろんなブースを見て回って、だんだん目が回ってきた〜
でもなんだかわかんないけど楽しい〜〜



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



会場内にはワンコを連れた方がたっくさん。

私も自慢の愛犬を連れて行きたかった〜



しかし暑いし。
午後になってだんだん電池が切れてきて、もうステージに注目する気力が無く、
その後撮れたのはこれだけ。




クリックすると元のサイズで表示します


聴導犬のデモンストレーションです。
お姉さんが小脇に抱えている小さなトイプーちゃん、なんと聴導犬なんですね〜
人が横たわるベッドに飛び乗り、お顔をペロペロ?して起こすんです。

チャイムだったり電話だったり、いろんな音をお知らせするんですって。

高さのあるベッドにもピョンっと飛び乗るのが得意な犬種ならではです。

(その動画を撮れっつー話なんですが・・・すみません)





その2に続きます。







にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


2

2014/1/11

珍獣変身  人との共生


仔犬の成長も早いけど、人間もすぐ珍獣から卒業してしまうのね。

そういえば、チワワやダックスなどの小型純血種の犬って
産まれたときから外見はちゃんとチワワだしダックスだし。
大人になってもそんなにびっくりするような変貌は無いんだよね。

だけど中型以上の犬って、ホントに変わるの。
詐欺ですか?ってくらい。
それでも愛情は増えていくのが当たり前なんだけれど。

保健所などに収容された仔犬も、小さくてコロコロで可愛い時期には希望者も多いけど、
少し大きくなってしまうと苦戦するそうです。
マズルが長くなって四肢が長くなって、コロコロしていないという理由で処分だなんて・・・

年末から収容数が増えています。
ということは、今月中に消されてしまう命もたくさんあるということ。
どうかそんな子たちに目を向けて、出来る支援をしていただきたいと願うばかりです。



さて。


珊瑚の姪っこ、おなじみ珍獣るーちゃん情報です。


もう立ってるし歩いてるし、ええええ???ってくらい手先も器用だし。

クリックすると元のサイズで表示します


カーテンで見えない誰かと一緒に?遊んでいるるーちゃんと
フツーに見守る珊瑚

クリックすると元のサイズで表示します



珊瑚に向かってお話しするようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

見えない何かをつまんできては珊瑚に
「ハイ」って渡してました。

仕方なく付き合っている風情の珊瑚がおかしくて噴き出しちゃった〜〜


前回来たときは何をするか分からない怪しさがまだあったから
珊瑚も逃げ回っていたのに、なぜかもう逃げなくなりましたね。

るーちゃんもムチャはせず、珊瑚の背中をポンポンとやさしくタッチするようになっていて、ちょっと感心しちゃったり。


もう珍獣じゃなくなってきたのかな?
それはそれでなんだか物足りない気もするけれど
珊瑚にとっては安心みたいですね。




るーちゃんのお食事の後はお掃除要らず。

クリックすると元のサイズで表示します




と思いきや
ご飯粒はそのままでかぼちゃだけ選別している珊瑚。
プッ・・・





にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ