2021/7/13

映画「タイタン」後半を観て  

映画「タイタン」の後半を観ました。

前半では、英雄ペルセウスがアンドロメダ姫を助ける為、勇者と供に黄泉の国へ行き、メドーサの首を採って来て、それでアンドロメダ姫をクラーケンから救う物語でした。

後半はペルセウスの妻が死に、息子のヘレイオスと漁師の生活をしている所から物語は始まります。

父で在るゼウスと兄のハデスが仲違いして天と地に分かれましたが、今回はポセイドンとその息子も顕われます。

ハデスと軍神アレスが組んでクロノスを復活させるのですが、クロノスを倒せる唯一の神器「三種の槍」を手に入れ倒すと言う物語です。

それぞれの息子の働きも見所と成っています。アンドロメダ姫は地上軍の最高司令官と成っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
4



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ