2021/2/28

エイリアンインタヴューを  

界員さんから寄贈して戴いた「エイリアンインタヴュー」を読み終えました。

銀河連邦の物では有りますが、「デスクロジャープロジェクト」の厚い本よりも読みやすいかもしれません。

地球が一種の惑星牢獄で在り、見えないシールドで外部から遮断され、アセンションによりそれぞれが目覚めて行かなくてはならない事に付いては共感が持てます。

この主人公をM女史と呼ぶ事にしたいと思いますが、サイレンスグループから隔離監視されていたのがオープンされてから再び異星人エアルとテレパシー交信が出来る様にも成ったと最後に書かれていましたので良かったと思いました。

通信内容より、地球人サイドが異星人に対して採った行動が恐ろしいなと思いました。その様な組織に対応する危険な思想を緩和出来て行ければ良いなと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
5



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ