2021/2/19

式盤の  

瞑想気象学で式盤の重なる日は方位実践日です。

例えば一白中宮月の一白の日、二黒中宮月の二黒の日、三碧中宮月の三碧の日など、月の式盤と日の式盤が重なる日が方位実践日と成っています。

方位実践日は常日頃のパロメーターと成っていますが、この日に魔界道に用事が多く出来る人は常日頃魔界道を使っているのが多いと言う事に成ります。

魔界道に2時間以上滞在すると後天的運勢が悪化して来ますが、吉方位で2時間以上の祐気採りが出来ると後天的に運勢が良くなって来るのです。

方位実践日は普段の式盤より各宮の効果が強く働きます。奇門を突くと2時間の滞在は必要ありません。

クリックすると元のサイズで表示します
3



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ