2021/1/26

MMM認識サルタヒコ  

令和3年1月現在の地球維持神MMMのサルタヒコノミコトに対しての認識は、波動情報研究所大通黄金町事務所のウブスナである大通神社の御祭神としての立場、飛騨高天原からの天孫降臨を迎える鈴鹿のサルタヒコノミコトとしての立場、出雲王朝の佐多神社での会議長としての立場、高千穂王朝で天孫を出迎えた神としての立場、古事記の天孫降臨を伊勢神宮へと導いた神の立場、人間の第5コントロールセンターの象徴としての立場などが在ります。

それぞれの目的神業に合った神の霊を招神されて下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
7



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ