2020/12/5

ウガヤ朝五代天皇の時  

ウガヤ朝五代天皇の時にアマテラス様の神勅により五色人の命を一代一万一千年歳以下に定めるとあり、アカタマ天皇が嘆き悲しんだと在ります。

代々天皇は不死の石南茶を飲んでいましたが、ウガヤ朝に入り、寿命が短く成って来た様です。弥彦にも八尾比丘尼の不老不死の伝承が有りますが、神仙界へと秘薬伝承された様です。

クリックすると元のサイズで表示します
3



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ