2020/8/28

神の流れでは  

神の流れでは、飛騨王朝から始まった神の歴史は出雲へと移り、九州西都原王朝へと移り、大和王朝へと移り、人皇の初代神武天皇を出す事に成りました。

神武四年の時、タカクラジノミコトは越後開拓を命じられます。そのサラスバは和銅四年(711年)に弥彦大神(タカクラジ・テグリヒコ・アメノカゴヤマ)として越後に鎮座します。

弥彦神社は明治45年に大火に遭い、大正年間に再建されます。再び再建されて現在の弥彦神社と成っています。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
6



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ