2020/3/20

サラスバをミカドで考える  

今回の新型コロナウィルスはヤゴコロオモイカネノカミの神慮との事でしたが、サラスバ地では長岡市越路町の宝徳稲荷大社奥宮に祭られているので、サラスバ的考察を行ないたいと思います。

奥宮のミカドはアマテラス(シラキク)・オモイカネ・タカクラジですが、水・火・土で考えた場合は、土のタカクラジは弥彦神界と言う事に成ります。

神業者の報告で今日の弥彦神業は555が出たと言う事でしたので、タカクラジ自体はOKだと思います。

水(伊勢)・火(出雲)の関係に成りますが、サラスバの糸魚川市大火は魔界が入ったのだと思いますが、同じ転写だと思います。そうすると出雲系の立て分けが必要と言う事に成りますが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ