2020/3/3

観音様の合体  

私が観世音菩薩様と合体したのは1982年(昭和57年)の事です。

2つ前の肉体の時ですが、厄年の時に原因不明の腰痛に成ったり子供が病気に成ったりと今回の厄年と同様の悲惨な状態でした。

借家も暗い霊障が有る様な雰囲気の所で、方位気学により吉方位移転で災厄を逃れる事にしました。吉方位移転を行なってから1ヶ月位で応期が顕れ、近くの神社内で紫龍と合体したのです。後に私に合体した紫龍は福島県の鳥追観音様の眷属神である事が判りました。

霊視能力が顕れ、1日で観音経全文が読経出来る様に成りました。観音経を授受して、越後三十三観音霊場を巡拝する事になったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
8



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ