2020/2/22

電離層は  

電離層は地球の周り100キロ〜400キロの間に在るプラズマの層でE層〜F層で出来ています。人間にオーラが有る様に地球のオーラと言えるでしょう。

太陽黒点が多く有る時は電離層も厚く成り、電波も反射し易くなるので、アマチュア無線のコンタクトコンディションも良くなります。

11年周期で位相反転すると謂れていますが、現在がサイクル24のボトム期でようやくサイクル25に入ったのではないかと謂れています。

Eスポが起きる夏〜秋に掛けては無線シーズンと言えるでしょう。電離層のコンディションにより電波の到達度が異なりますので、太陽の黒点により電離層も変わって来るのです。

2018年9月には太陽コロナホールが出来て、巨大惑星UFOや物凄い数のスカウトシップ群が観測された様ですが、地球上のアマチュア無線のコンディションも凄いノイズで通信に影響が有りました。この時の情報は「謎の国立太陽観測所の緊急閉鎖」で観る事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
5



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ