2020/2/10

映画「AI崩壊」  

映画「AI崩壊」を観ました。

2030年がモデルと成っていましたが、ほぼ同程度のAI(人工知能)は既に出来ているのではないかと思います。

ドラマの中では故障したAIが人間の選別(不要の人間を抹殺する)を始めますが、ギリギリの所でAI「のぞみ」が本来の人間の福祉発展の為のプログラムを受け入れてくれますが、やはり警察機構でも同じ様なAIを創っていました。

一般の方達は映画「踊る捜査線」で初めて地下でこの様なサイバー部隊が有るのを知りましたが、同じストーリーの様です。

映画の中ではチップを入れている総理大臣が死んでしまいますが、同様にAIを悪に使われた場合には人間の選別でチップを入れた人は皆犠牲に成る恐れもあります。

面白い映画でした。良い心で観て戴きたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ