2020/1/21

政府ファイルUFO事件5は  

政府ファイルUFO事件5は、ワシントンの包囲です。

1952年の報告は1,501件でUFO観測史上最高の数でした。

1952年7月19〜20日および26〜27日の午後11時40分〜午前5時までのあいだに、ワシントンをカバーする2基のレーダーが、飛行制限空域内で8個のUFOを発見した。

物体は時速160〜420キロで飛行していたが、突然驚くほどのスピードまで加速した。旅客機のパイロットたちも、首都上空で奇妙な光が同じような動きを見せた事を報告している。

1952年は11月にアダムスキーがデザートセンターで金星人オーソンと会見しています。当然、スカウトシップ群も調査などで色々な場所に出現したと考えられます。

クリックすると元のサイズで表示します
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ