2021/11/18

大屋へ  

居酒屋・一品料理の寿司「大屋」に行きました。

酒は景虎、美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2021/11/18

昼食は  

昼食は本町通りのイトーヨーカドー丸大店に入り、7階の鉄板焼き「まほろば」に入りました。

生ビールに焼きうどんを食べました。美味しかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2021/11/18

父親の  

父親の会社を継いで社長に成りましたが、まず会社を有限会社として登録しました。

家庭には淡白に成っていましたが、新潟でサラスバを創る為に軽自動車宅配便を始めました。会社の人間を使えない為に親戚の男の子と自分と主に二人で行ないました。大変で毎晩9時過ぎまで動く事に成りましたが、会社の維持の為に兄弟を入れて社長職を譲り、宅配部門は会社から切り離しました。

西地区全般を受け持ったのですが、一年目は西濃運輸、2年目は朝日急送、3年目は中越運送と仕事を貰い、西〜東〜中央の型を創り上げました。会社は両親を見る事と社員を首にしない事を条件に私は社長職を放棄してフリーに成りました。

軽貨物運送の車は廃車にして、神業と夜は子供達の空手指導を行なう事にしました。退職金無しで会社を離れたので、生活を心配する声が有りましたが、神の采配なので不安は有りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
8

2021/11/18

猪苗代町と  

7MHzSSBで、福島県耶麻郡猪苗代町移動のアマチュア無線局とコンタクトさせて戴きました。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2021/11/18

その時  

1989年のその時、朝から両耳に聴こえるUFOの高周波音がいつもより強く聴こえていました。何故か弥彦山に行かなければならない様な気がして、会社が終わった後、懐中電灯を用意して弥彦山へ出掛けました。

弥彦山スカイラインを進むと色々な思いが湧いては消えて行きました。弥彦山登山道の駐車場に着くと暗く成っていましたが、1組のカップルが新潟平野の景色を観ていました。脇にクルマを止めて懐中電灯を用意していると「これから山へ登るんですか?」とカップルは尋ねて来ました。「UFOに呼ばれて・・。」と冗談ぽく言うと、私は登山道を踏み出しました。此処の階段を登ると、ロープウェイの山頂駅の公園の所へ出ます。

息を整えて、登山道の階段を登り始めました。レストランの脇を通って進むと下からの登山道と合流する九合目の標識に来ました。此処から階段が続きます。一歩一歩登り進んでいると次第に霧が出て来ました。

各放送局のアンテナ群を過ぎると、頂上までもう少しですが、殆ど前が見えない状態と成り、自分の足元も見えない位の濃霧と成りました。ときどき薄らむ霧の中をどうにか奥宮前に到着し、参拝し宇宙祝詞を奏上しました。その時ふわっと身体が浮き上がるかと思うとUFO母船の中に入っていました。

リクライニングシートの様な所に寝かされると、周りは暗くなり声が聴こえて来ました。「貴方の地球での修行は終わりました。これから貴方は選択しなければ成りません。」しばらくすると明るく成り、「今、選択が為されました。貴方は地球維持神として再び地球に降り立つ事に成ります。緑 真奈美命と名乗りなさい。」と聴こえたと思うと、私の身体はゆっくりと弥彦奥宮前に降ろされました。

不思議な感じで下山すると次第に霧が晴れて来ました。元の登山口から駐車場に降りるとまだカップルは夜景を楽しんでいました。「いやぁ凄い霧だったねぇ。」と話し掛けると、不思議な顔をして「霧なんか出ませんでしたよ。」と顔を見合わせて言いました。

ふと今来た奥宮の方へ目をやると、大きなUFO母船の様な雲が一つ浮かんでいました。やがてその雲は消えて行きました。私は余韻を残して、車で弥彦山を後にしました。

クリックすると元のサイズで表示します
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ