2021/9/27

メモリーは1952年11月  

メモリーは1952年11月20日です。

この日の昼12時30分頃、アダムスキーは6人の同行者が見守る中、デザートセンターで別の世界から来た異星人とコンタクトしたのです。

この異星人を金星人オーソンと名付けましたが、1時間位のコンタクトを6人は見守り、円盤で去った後でその場所に行き、足跡の石膏を採ったりしたのです。

コンタクトの内容は新聞社に報告され、真実の会見で有った事を同行した6人は証言宣誓しました。この内容を受け入れられない多くの人々の為にアダムスキーは後にペテン師と呼ばれました。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2021/9/27

デザートセンターへは  

デザートセンターへは7人で出掛けました。

1952年11月18日の午後、アダムスキーはウィリアムソン博士夫妻とベーリー夫妻に20日の朝、現地で合流出来るかを電話で問い合わせると是非同行させてくれとの事で実行に移しました。

アダムスキーは20日の早朝1時頃、助手のルーシーとパロマーガーデンズの所有者のアリス女史と共に出掛けました。

途中、パンクしたため2時間位遅れましたが、朝8時過ぎに到着して4人と合流しました。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2021/9/27

神仙印  

スペースコアや3次元界の神々様と交流する為の手印が神仙印です。

外縛で小指を外側に成る様に握り、人差し指を合わせ立てます。

親指は右手が上に成る様に重ねて掌の中に折り入れます。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2021/9/27

円盤の噂  

1951年から1952何に掛けてあちこちの砂漠に円盤が着陸したらしいと言う話がアダムスキーの元にも寄せられた。

円盤も1951年から1952何に掛けて地球に接近しているらしい事が判って来た。アリゾナ州ウインスローのベーリー夫妻がアダムスキーにコンタクトしたのは1952年の8月の下旬頃でした。

ベーリー夫妻の紹介でアリゾナ州プレスコットのウィリアムソン博士夫妻もパロマーガーデンのアダムスキーのところへ来て円盤の話をしていました。四人は円盤の着陸したと言う話しが有るとそこへ出掛けて行く
と言う熱心な円盤信者でした。

四人はコンタクトする様な事が有ったら是非連絡して欲しいとアダムスキーに伝えて別れました。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2021/9/27

2000年頃は  

2000年や2001年頃は隔月でアネモネにも真実の地球進化プログラムとしてUFOツアーを採り上げて戴きましたが、全国から多くのUFO搭乗体験レポートを戴き、一般公開プロジェクトに踏み切りました。以降現在まで続いています。

色々な惑星へと訪問しましたが、地球に友好的な惑星とそうでない惑星もありました。スピカや金星・土星などは地球に友好的だった様に思います。

現在は波動情報研究所の無料ズームラプチャーでスペースコアによる次元間探訪をプロジェクトとして行なっていますが、前回の39次元界は惑星スピカの次元帯です。


クリックすると元のサイズで表示します
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ