2021/9/21

昭和31年の弥彦事件  

昭和31年(1956)の弥彦事件は、124人の死者と300人以上の負傷者を出すと言う悲惨な事故でした。

八白土気性の歳で肉宮が5歳の正月の宮参りの時に起こりました。新潟は1880年には日本で一番人口の多かった地域ですが、弥彦神社も伊勢神宮同様多くの参拝者が有りました。

弥彦神社本殿へ参拝した人は競輪場側の出口から帰るのですが、逆行して参道へと向かう一団が有りました。長岡から参拝に来た一団がバスに乗る為に、参道へと向かった為に人の流れに不調和を起こし、人垣が狛犬方向に倒れ始めたのです。

参道入口には餅まきの櫓が立っていましたが、父親は私達を護る様に櫓に捕まり、餅まきの餅が顔に当たり唇が腫れ上がりましたが、必死に私達を護ってくれました。

私のすぐ後ろの方から人垣がドミノ倒しの様に倒れて、階段と共に人間が崩れ落ち重なり倒れました。重圧で凄い悲鳴を上げる人達と、流れに巻き込まれない様にする人達とで阿鼻叫喚の地獄絵図と成りました。

未だに写真を撮ると霊気も映り込む時が有りますが、明治45年の弥彦大火に次ぐ大災害です。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2021/9/21

神の動きは  

神の動きはミカドのバランスで行なわれます。

神国龍神列島で在る日本国は約1万2千年前に形成されましたが、飛騨から出発した神統は出雲〜西都原〜大和〜越後と繋がり、弥彦王朝まで来ています。

神の流れとしては、出雲のコウシマチノカミの147、日向・西都原・大和のモウスコシマテノカミの369、日高見・日高のキトクロノカミの258のミカドと成っています。

弥彦王朝は出雲・大和の神統の流れを強く受けていますので、キトクロノカミの日高の258へ向かって行く事に成ります。

本来は49ラインのサラスバ地新潟へ五色人種の民王の子孫が集結してくれると良いのですが、難しいでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
5

2021/9/21

民間の  

民間の宇宙ロケットが3日間の宇宙旅行を終えて無事地球に帰還した様ですね。

これからもっと多くの人々が宇宙へ飛び出す様に成るのでしょう。

525キロメートルの所と報道されていましたので、MMMの意識帯の電離層100〜400キロメートルを超えていますが、11次元位のフィールドなのでしょうか? 555ではないのでアラハバキのエネルギーが入っているのだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2021/9/21

今日の回気学は  

今日の回気学は9月21日(火)で、満月で一粒万倍日です。象学は「壬申四緑木気性」です。

センター惑星は「金星」で、振動惑星は「天王星」です。

魔王星ラインは北西〜東南に在ります。

四緑本命の人は、太極の静観宮に在り、八方塞がりです。九紫本命の人は、北の困難宮に在り、厄日です。三碧本命の人は、東南の勢運宮に在りますが、暗剣殺の暗示を受けていますので要注意日です。

クリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ