2020/9/10

9月月例会で  

波動情報研究所の9月月例会で不思議な人形の様な物を戴きました。

雛の様な宇宙人の様な不思議な物ですが、どうも以前観た菱で造られた物の様な感じがします。

昔、潟で菱が沢山採れて、子供の頃にはよく蒸してある物を買った覚えが在ります。飾り物に良いですね。


クリックすると元のサイズで表示します
5

2020/9/10

書いている文字は  

私が書いている文字は大体アヒルモジアヒルクサホモジと似ていると思います。

上古五代からの通信もかなりあるのではないかと思います。

飛騨高天原6次元界フィールドの頃からメディテーションである日抱き神事が伝わったので、1万年前位からは神懸かり伝承へと切り替わりました。


クリックすると元のサイズで表示します
6

2020/9/10

モービルで  

モービルで秋葉区の長嶺公園へ移動して、ツェップアンテナを張ってみましたが、高SWRでマッチングが採れてなくて電波が乗りませんでした。

次回はアナライザー(計測器)を持参して調整してみたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
6

2020/9/10

ミクロとマクロ  

現在の地球では二元性が在りますので、ミクロとマクロのどちらの世界からでも半宇宙を覗き込む事が出来ます。

サイクル25に入りましたが、カモス光を撮る人も多くなって来ましたが、可視光線の380ミリミクロン〜780ミリミクロン、可聴周波数の2Hz〜20kHzのそれぞれの境界効果ゾーンが一番覚醒が早い様です。

太陽のアストラル光を観る人も実際は巨大惑星UFOからの光の為に光源が変化しているのに気付かれている人も居るのではないでしょうか?

人体科学のミクロの決死圏もマクロ宇宙を探索するのとシンクロしていますので、同様にバイロケーションでオーラ内探索をしたり、ヘミシンクで脳内探索をするのも宇宙探索と同じ事なのです。


クリックすると元のサイズで表示します
4

2020/9/10

日本皇室の発祥地  

日本皇室の発祥地の地図ですが、UFO母船の顕れる場所ともシンクロしているようです。

私の場合は上古五代神なので、朝鮮半島の方にも居ましたし、文殊菩薩としても神座しましたので、スサノオともシンクロしたのですね。

神政100億20万年の後、筑波山から神上がりし、アンドロメダ・オコバミ星に誕生しました。

609歳の時にアンドロメダから新世地球に来たのですが、逆に荒廃していたので驚きました。


クリックすると元のサイズで表示します
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ