2020/5/8

7MHzで  

Mボルティックスにて7MHzSSBで仙台市太白区と、18MHzSSBで北海道河西郡芽室町のアマチュア無線局と繋げて戴きました。

キトクロのミカドです。Lパワーで御活用下さい。


クリックすると元のサイズで表示します
5

2020/5/8

18MHzで  

Mボルティックスにて18MHzSSBで、沖縄県島尻郡南大東村のアマチュア無線局と繋げて戴きました。

この局は3年前に50MHzで一度繋がっています。


クリックすると元のサイズで表示します
6

2020/5/8

昼食は  

昼食は国道8号線沿い大通地区のウオロク駐車場内の「ラーメン山岡家」にしました。此処のラーメンは美味いです。

サービス券が5枚たまったので、無料餃子を戴きました。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2020/5/8

神威のある  

第十代スウジン天皇の御代6年の頃、天変地異や飢饉、ウィルスなどで多くの人民が亡くなったので、神の祟りではないかと天皇は恐れ、御神体を皇居の外に出し祭る事を考え、娘のトヨスキイリヒメノミコトを初代斎王として御杖代として巡幸させる事にしました。

この神は大国魂神であったと考えられますが、神威の強さで斎王であっても身体は痩せ細り、髪は抜け落ちたなどの伝承もあります。この事から、御神体は放射性物質であったのではないかと思います。

この巡行する神輿はモーゼの十戒の箱やソロモン王のアークの箱に喩えられた事から日ユ同祖論なども出ています。オオモノヌシノカミの神威はオオタタネコにより鎮魂しましたが、今回のパンデミックの神威はヤゴコロオモイカネノカミと言う事なので、アマテラスオオミカミの出神が必要なのかも知れません。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2020/5/8

続編は  

漫画「アマテラス」と「倭姫幻想まほろば編」の続きは残念ながら出版されていませんが、地底連合の為に通信が遮断されたのかも知れませんね。

「まほろば編」では、カメラマンの大庭直日古が元伊勢を巡り、カメラフラッシュを焚くと過去にタイムスリップするストーリーで展開されます。

幼いヤマトヒメがトヨスキイリヒメノミコトから職務移譲を受ける時に、カメラフラッシュが当時の人々にオオモノヌシノミコト様の神光に見えた事が御杖代には神様に見えたのです。カメラフラッシュを焚く事で、現在と神代を往き来しますが、現在の一日が神代の4年にも相当する展開でした。

「まほろば編」も面白い所で続きと成りましたが、続編は出ていません。続きを出版して戴きたいですが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ