2020/4/28

雅妙緑風観世音菩薩として  

昭和57年後半には相談者の前に座ると相談者から霊体が浮霊して来る様に成りました。

雑霊は霊動により調整されて行きますが、本人と繋がりの有る霊体は審神(さにわ)しないと身体から離れない霊体も有りました。

対座して相談者に眼を閉じて戴きますが、相手のひたい辺りに手をかざし、意識はマイナス6次元界までの深い部分まで入って行き、3次元現実界まで徐々に浄化して次元を上げて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2020/4/28

米国防省が  

米国防省が未確認飛行物体(UFO)の画像3本を正式に公開したとYahoo!ニュースに出ていました。

民間で観られる画像と変わり有りませんが、国が正式に認めた効果は大きいと思います。

日本でも対策が練られる様な事が書いて有りましたが、悪い方に進まねば良いと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
7

2020/4/28

梵字のUFO  

ある日メディテーションを行なっている時の事です。結跏趺坐で座っている絨毯がアラジンの魔法の絨毯の様にフワリと浮き上がり、私を載せたまま飛び上がりました。
どんどんと高度を上げて行き、大気圏外に出るといつのまにか絨毯が金色の梵字のUFOに変わっていました。

周りを観ると私と同じ様に座禅した姿で梵字UFOに載っている人達が見えました。皆それぞれ違う梵字のUFOでした。

ある惑星に到着してUFOから降りると梵字UFOは消えました。同じ様な大勢の人達が色んな惑星から集まって来ている様でした。しばらくすると正面のステージの様な所からまばゆいピラミッドの様な物が上がって来ました。

せり上がったそのピラミッドの中から輝く人形の宇宙人の様な人が出て来ました。皆一斉にその輝く人に拝礼を行なうので私もそれに習いました。しばらくしてその人はピラミッドの中に入り、最初の様に地に沈んで行きました。

周りの人達は天に向かって九字を切ると消えていた金色の梵字UFOが顕れ、それに飛び乗り惑星をあとにしました。

私も真似をして梵字UFOに乗ると惑星を飛び出しましたが、戻った所が地球の日本、新潟県の弥彦山頂上でした。ビジョンが消えて、目を開けると平常のメディテーションを行なう場所に結跏趺坐で座っていました。

声が聴こえて、「雅妙緑風観世音菩薩と名乗りなさい。この梵字を与えます。」と目の前に大きく正法・サイと言う文字が現れました。これは私が乗った梵字UFOの文字でした。以降、浄霊作業にも使う様に成りました。

クリックすると元のサイズで表示します
7

2020/4/28

観音力を  

鳥追観音の眷属神の紫龍が色々な経験をさせてくれましたが、買って来た文殊菩薩様の像を祭り、「おん あらはしゃのう」と言う私の地支守護尊の真言を唱えていると効験が有り、地支の仕組みに付いて教えて戴きました。

地支守護尊関連の相談者も増えて来て、謝礼金で買う仏像で十三仏曼荼羅が出来上がりました。偶像礼拝に成らない様に十二支は種から枝葉が出来て実になり、再び種子へと変化する形態を学びました。

相談者の憑依霊が浄化されると関連した家族や親戚などの持つ持病などがシンクロして消えて行く事も判りました。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2020/4/28

霊的移行  

高校生の時から運勢判断は行なっていましたが、吉方位移転の1982年(昭和57年)当時は、四柱推命や神仙界霊符などによる指導を行なっていました。

相談者と対峙して相手を観ると左肩あたりのオーラが黒ずんで見えました。しばらく凝視していると文字で「般若心経千回死霊浄化」と浮かんで消えました。

私はこの人の相談を解決するには般若心経を千回読経しなければならないのだなと思いました。相談者に行は無理なので、この事は本人には言わずに私が読経を開始することにしました。

千回の読経が終了し、再びその相談者を読んで同じ様に左肩を注視すると「死霊浄化」金色の文字が浮かび、次いで人形の様な物が肩から上に昇って行き消えるビジョンが見えました。

憑依霊の浄化を相談者に伝えると、心当たりが有るとの事でした。やがて経営による事業相談は解決しました。これが初めての霊的相談でしたが、謝礼金を戴きましたので、近くの仏具屋さんから文殊菩薩の像を買い入れ、棚を作り神様として祭りました。

クリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ