2020/2/22

無線での  

無線でのスキップゾーンにもUFO群がサポートしてゾーンエネルギーを降ろします。

ゾーンエネルギーはコスミックゾーンサークルで活用出来ますが、MMMの無線コンタクトによりLパワー・Yパワーとして強いゾーンエネルギーを活用する事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
6

2020/2/22

このフィールドは  

このフィールドはUFOや異星人は居ないと言うフィールドが集合意識に成っていますので、当時のアダムスキーと金星人オーソンがデザートセンターでコンタクトした時のフィールドへ位相反転するのは並大抵の事ではないと思います。

当時は母船が目撃されたりUFOが砂漠に着陸する事もラジオで放送されたりして体験する人も多かったのですが、隠蔽フィールドが強くなり、偽物の霊フィールドの意識体がフィールドを作る様に成ったので、そのフィールドが構築されている様です。

霊界宇宙人は居ないと言うフィールドが確立されれば当時のフィールドも構築出来るのではないかと思います。人間はそれぞれの重力波で周りの現象界を作り上げてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
5

2020/2/22

電離層は  

電離層は地球の周り100キロ〜400キロの間に在るプラズマの層でE層〜F層で出来ています。人間にオーラが有る様に地球のオーラと言えるでしょう。

太陽黒点が多く有る時は電離層も厚く成り、電波も反射し易くなるので、アマチュア無線のコンタクトコンディションも良くなります。

11年周期で位相反転すると謂れていますが、現在がサイクル24のボトム期でようやくサイクル25に入ったのではないかと謂れています。

Eスポが起きる夏〜秋に掛けては無線シーズンと言えるでしょう。電離層のコンディションにより電波の到達度が異なりますので、太陽の黒点により電離層も変わって来るのです。

2018年9月には太陽コロナホールが出来て、巨大惑星UFOや物凄い数のスカウトシップ群が観測された様ですが、地球上のアマチュア無線のコンディションも凄いノイズで通信に影響が有りました。この時の情報は「謎の国立太陽観測所の緊急閉鎖」で観る事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2020/2/22

3度のウォークイン  

私はアンドロメダ星座オコバミ星の正体科学者で1989年に新潟県の弥彦山にUFO母船スーサから降り立ちました。

肉体と意識は何度も変わっていますが、1986年にアーテンノーと合体、1989年にミドリマナミと肉体交換、2002年にラテンと合体しています。

平成元年に宇宙連合SE(シークレットアイ)を開設し、緑 真奈美命地球維持神として活動して平成11年(1999年)に第一回地球進化評定会議をサラスバ地の新潟で開催し、全国150人の来界されて宇宙連合界員に評定して戴きました。

2032年まで地球に滞在しますので、現在は波動情報研究所所長として宇宙連合羅天を開設し、サラスバの拡散に努めています。プログラムシステムが出来上がっていますので、サラスバを活用すると誰でもがアセンションシフトする事が出来ます。

光のネットワークとアクセスして、自分のフィールドでそれぞれが宇宙連合の活動をして戴きたいと思います。

緑 真奈美命は2度目の肉体が死んだ時にマヌ(集合意識体)として電離層へと移行しています。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2020/2/22

今度は黄砂  

今度は黄砂予報が出ていますが、また車が汚れるのでしょうか? たまに100円洗車をするだけですが・・・。

PM2,5や残留放射能などにも気を付けなくてはですね。マスクが役に立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ