2020/1/19

スペースブラザーズによると  

スペースブラザーズによると1948年のマンテル機の墜落事件の真相は、マンテル機にUFOをよく観せてやろうとスピードを緩めたところ、マンテル機が、あまりUFOに接近し過ぎた為に、翼がフォースフィールドアに触れ、巻き込まれる様に機体が分断し墜落したとの事でした。

飛行機の機体がUFOの様に翼が無ければ起きなかった悲劇だと言う事でした。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/1/19

政府ファイルUFO事件3は  

政府ファイルのUFO事件3はトーマス・マンテル大尉の墜落事件です。

1948年1月7日アメリカ・ケンタッキー州フォート・ノックス近郊ゴッドマン空軍基地でトーマス・マンテル大尉のUFO犠牲者と言う事に成っています。

ケンタッキー州のハイウェイパトロールは、ゴッドマン空軍基地に住民から謎の飛行物体が西に向かっているとの報告を多く貰った事を連絡しました。

午後2時45分4機のFー15ムスタング戦闘機が基地の近くを通りかかったので調査を命じました。1機は燃料が少なかった為にスタンディフォードに向けて飛行しましたが、トーマス他2機はUFOを追跡しました。

高度2万2千フィートで2機の編隊僚機が離脱しました。ハモンド中尉は酸素不足で追撃を断念するとマンテルに告げましたが、マンテルは「もっと近付いてよく見てみる」と応えた。

マンテル機は上昇を続けましたが、午後3時15分に機影が見えなく成りました。以降、無線通信は無かったが、捜索の結果、午後5時過ぎに残骸がケンタッキー州フランクリン付近の農場で発見されされました。

マンテルの遺体は操縦席に在り、風防は閉じたままロックされていました。腕時計は3時18分で止まっており、これが地面に撃墜した時間だと考えられました。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/1/19

1月の瞑想気象学講座は  

1月の瞑想気象学講座は2人の参界で波動情報研究所新潟市役所前事務所に於いて開催されました。

午後1:30〜午後3:30までで、神仙界基本修学〜易占講座まで行ないました。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/1/19

ゾーンエネルギーを放射する事で  

ゾーンエネルギーを放射する事でカルキ分を消したり、放射能を軽減したり、ペーパー地を変えたりする事が可能です。

ゾーンエネルギーは水だけでなく、何にでも波動気放射する事が出来て、言葉で命令を受けた方向にエネルギーが働いて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2020/1/19

感覚を掴む為に  

感覚を掴む為に気の道場では「合気上げ」の技を活用して意識転換の方法を体験して貰っています。

二人で行ないますが、相手に軽く手首を握って貰い、力点を色々と変えて感覚の変化を刻み付けます。

意識ポイントを移動することにより、力の感じ方が変化する事を体験します。

クリックすると元のサイズで表示します
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ