2005/11/12

師匠の結婚  日記

クリックすると元のサイズで表示します

本日、私の研究におけます第一の師匠の結婚式が行われました。

私は、二次会からの参加になりましたが、おめでとうございますの限りです。

私の1st.師匠は女性でした。

思い起こせば、4回生に上がる直前の2-3月、この人について、研究手技を学ばせていただきました。

夜中の12時まで研究させていただき、次の日は7:30集合指令が出されたり(師匠は8:00過ぎにきました)

夜中の3時まで研究させていただき、次の日は遅めでいいよ☆じゃあ11時ね!!(ちなみに当時のスタートは10時からでした)と優しいお心使いを頂いたり

バレンタインにあまったチョコを頂き、ホワイトデーに女性大学院生3人分のケーキを買ってこいと、原チャの鍵を渡され、買いに行かされたり

入って1ヶ月しか経っていないのに、ネズミ5匹いっぺんにかっさばくスピードが遅く、怒られたり、それを聞いていた隣の研究室の人から「こえー」と言われたことに、「あんたのせいで怖いっていわれたやんかぁ!!」とまた怒られたり

男と女が師弟関係にあるということで、怪しい関係にないのだろうか?という話になり、「私はあかんからね」とそこに僕の意志が何一つ介入させられなかったり

本当にすばらしい思い出がわずか二ヶ月の間で、いーっぱいできました。


そして、この師匠に出会えたからこそ、僕は大学院に進学しようと思ったのでした。(マジ話)

ほんと、おめでとうございます。

この言葉以外に、今の僕には出てきません。






きつかったぁ
o(´д`)oァーゥー
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ