尼将軍:貞子 爆誕!!!?? ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」が、有料まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪」の創刊とともに、リニューアル・オープン! 2009年4月末、大不況の入口で、ついに、貞子の進化系モンスター「尼将軍:貞子」爆誕!!!! 「自分だけ貧乏?」「自分たちの世代だけが貧乏くじを引いた??」「明日は今日より貧乏になる???」と感じたとき、悔しさや怒りを覚えるのは、心理学の見地から見ても、「正当」かつ「健全」な感情です。 わたし達や私たちの子供達は、将来も物心ともに豊かに暮らし続けたいと願う「正当な権利」を持っています。 このブログは、15歳の我が娘が大人になる10年20年後の日本経済を見据えて書き綴る日記です。 「持続可能な豊かさを維持してゆくことへの希望」を決して捨てません。 中長期的視野に立った金融・経済・福祉・心理学中心の「戦う母親ライター日記」です。

2004/9/30

ええええええ!!!年金の財源も赤字になってたのか!A  


あぁぁああああああ 夜の11時過ぎちゃったのに 気になって 床に付くことができない!
(わたしって ほんと 凝り性なんだわぁ・・・)
二年前にかなり熟読して自分なりに消化したはずの富田俊基氏の『日本国債の研究』って本を もう一度書庫から取り出した。たくさん 自分で 本に赤線を引いているではないか!でも その内容を ほとんど忘れているではないか!
もう一度 改めて読み返しました。
木村氏が 引用された530兆円という数字は 2000年10月に『社会保障構造のあり方について考える有識者会議』が発表した『21世紀に向けての社会保障』での試算でした。

あぁぁぁぁああ わたしは会計がすごーーーっく苦手なのよぉおおおおお
(おい!こら 貞ちゃん!あーた それでも元銀行員???)

『21世紀に向けての・・・』の試算によると もう 1999年時点で 今のお年寄りの年金支払いのために 将来ぶんから450兆円使い込まれているらしい。さらに 将来のわれわれに回ってくるぶんも すでに80兆円足りないらしい 。(あぁあああ 頭がだんだん痛くなる〜〜〜〜!)

とにかく530兆円の年金の年金不良債権(将来の負担増しに負っている年金債務)があるという試算があるのは確かだ!(まだ頭が痛いよ〜〜〜〜)

とにかく もう 将来のために蓄えておくべき年金財源は 今生きているお年寄りに年金を給付するために もう450兆円は 使い込まれているって事実がある!

きゃぁぁぁぁぁぁあああああ!
もう使い込まれちゃっているの?????
使ってしまってたの?????

日々の支払いが大変だったからと 将来必ず必要になるお金(そのために貯めていたお金)を、とにかく500兆円くらい もう使って切ってしまっているってこと???

ところで 私たちが毎月給与から天引きされている厚生年金は どこにプールされているのだろうか?ず〜〜っと どっかに天文学的な数字になってプールされているような気がしてたが(プールされているはずだと信じたかったけど・・・だって我が家の月々の年金の掛け金って 我が家の住宅ローンの月々の返済金額より多いんだもん!)、プールされているお金がもし仮にあったら 国は国債を600兆円も発行していなかったはずだわ!
財政投融資のお金に余裕があれば、 国債を発行しないで財源はそれに充てたはずだし・・・
財政投融資からお金が回らなくなったから国債を発行し続けたのだから・・・・
財政投融資は、郵便貯金と年金資金からお金が流れているのだから・・・・
財政投融資は、道路公団や住宅金融公庫の特殊法人へと融資されているのだし・・・

なんか だんだんパズルでも解いているような気がしてきた・・・
プールされている年金は ほとんど底を付いているってことなのだろうか?
年金の支払いは もう既に 自転車操業をしているってことなのか・・・
国家予算と同じように・・・・

なんか 健全な家計しか運用していない私にとっては 国家とか年金のお金の流れって謎だわぁあああああ!

名古屋はかなり健全な町である。わたしは愛知県に暮らし始めて早3年半になるが、県民性として一言で言えば 『勤勉・実直・倹約・用心深い』が上げられる。みな貯金がすこぶる好きで働き者である。
その町にもう3年半暮らしていると もう東京の・・・中央のやっていることが・・・中央の役人のやっていることが 理解不能です!頭の良い人たちがたくさん集まって いったい全体 なにに頭を使ってきたのやら・・・・

0

2004/9/30

ええええええ!!!年金の財源も赤字になってたのか!@  


ブログと言うものが流行っているのを耳にしたのは 今年の8月末Kfiクラブにて・・・。
二年前まで 私も かなり年金問題には熱くなっていたけど、自分なりの結論が出ると(諦めると?) さっさと すっかり気持ちを切り替えて 夫が役員をしている会社のお掃除おばちゃん兼フロアーレディーに没頭しておりましたら・・・
あぁ 木村氏は なんと果敢に しかも 小憎たらしいほどの明晰な頭脳と行動力で年金問題に すでに半年も前から(!!!) 取り組まれていたのですねぇ♪
しかもブログを利用しながら・・・
脱帽です!すばらしいです!
(本日 アマゾンから『月間!木村 剛』の創刊号が届きました・・・・アマゾンって話に聞いていたけど便利なのですねぇ〜♪ 名古屋市の丸善では在庫の無かった『月間!木村 剛』が アマゾンで注文したら 翌々日には我が家に佐川急便で届きました!)

3月5日の『週刊 木村 剛!』のブログを引用します!
http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/

2004.03.05
厚生年金はネズミ講か? [コラム]
 
  「不信」その1:年金財源不足の危機的な状況を直視しているのか?

    厚生労働省が公に認めているだけで、年金の財源不足は530兆円にのぼる。
    しかも、これは2000年3月末の数字。いま財源不足がどれくらいまで膨張して
    いるのか想像もつかないほどだ。現実を直視して果断に対処すべきところを現実
    に目をそむけて先送りしてしまった結果、問題を大きくしてしまったという点で、
    「不良年金問題」は「不良債権問題」と酷似している。
    それに加えて、年金運営の稚拙さが目に余る。
    例えば、年金基金を投じて造られた厚生年金会館や大規模保養施設
    (グリーンピア)は全国に265もある。これらの施設はほとんどが赤字なので清算
    される方向にあるらしいが、厚生労働省は「厚生年金会館」という名称ではマズ
    イと思ったのか、今年4月から「ウェルシティ」という名前に変えるという。清算する
    予定なのに、なぜ余計なコストをかけて名称変更をするのだろう。しかも、そのイ
    メージキャラクターとして「ムーミン」を使うというから笑わせる。そんな無駄な費用は
    直ちに年金基金に返金すべきだ。

げええええええええ!!!!!
『厚生労働省が公に認めているだけで、年金の財源不足は530兆円にのぼる。しかも、これは2000年3月末の数字。』
えええええええええ!!!!!
そうだったっけ?
わたしは あわてて 富田 俊基氏の2001年の名著『日本国債の研究』を書庫から取り出した。

Content-Disposition: form-data; name="denycomt"

1
0

2004/9/29

財政・年金問題ー残された時間ー犯人探しする時間はあるのか?B  


9月末日に記しておいたブログを 今日はトラックバックさせていただきます。

年金問題だけ見ても 将来の掛け金の値上げと 給付金の切り下げと 税金の値上げと この三つだけの選択肢しか 残された道は無いのだということを・・・・結論は見えているような気がする。

常々 娘を公立の小学校げ通わせておりますと 住民税が異様に安いような実感を感じるのです。区のサービスは ゴミの収集から 警察のパトロールから 子供の教育からと 多岐にわたっており 確かに サービスの質を問題にすると 文句を言いたいことは山ほどありますが、こういったサービスを すべて民間のサービスに頼ったとしたら ものすごい金額になるのも 常々実感しております。
私たち夫婦には まだ三人の年老いた親が生きておりますし、彼ら彼女らは 年金給付を受けながら 日々 老人健康保険で医療サービスを受けておりますし(ほんと70過ぎたら病気ばっかりして 時折 大きな手術とかもするのだけど 医術の進歩のおかげで またすぐ元気になるんです!w) そのうちの二人は 介護保険でデーサービスも受けております。これらの行政からのサービスを すべて民間からのサービスに頼っていたら 私たち夫婦は もう破産しているような気がします。

まぁ こういった公的なサービスの問題も また水掛け論が水掛け論を呼ぶだけかも知れない。

だが、わたしは あえて言いたい!
国民も もう甘えるのは よそうよ!
役人も無茶苦茶ひどいけど 私たち国民だって かなり国家に甘えてきたんじゃないの?
幼い子供の教育やら医療やら 年老いた親の医療やら生活費やら 困ったときは やっぱりおまわりさんに助けてもらってきたし・・・・週末は やれスキーだ海だといって 平日はほとんど車の通らない高速道路を わたしたちも週末だけは利用し続けてきたわけだし・・・
役人や行政の批判は あげつらったら きりがない。そういう簡単に出来る批判は 小姑根性の強いマスコミが ほっといても山ほど してくれそうだ・・・(わたしも 実は 家の中で ついつい役人批判をしている・・・・)

だけど わたしたちも 行政のサービスに 山ほど 甘えてきたのではないだろうか?
親世代から娘の世代の親子三代だけを見ても 国や県や市から受けてきた行政サービスを すべて民間のサービスに頼ってきたら 直感的にものすごい膨大な 気の遠くなるような数字になっているような気がするのです。
はっきり言って 私の親は 行政からサービスを受けていなかったら 遠い昔に一文無しになっているような気がする なのに私の親は 私たち子世代より財産は持っている(号泣)。で 焼け跡派の世代とかは 自分たちの財産は国家から少なからずくすねてきたって意識がまるっきりない!自分だけは財産を自力で築いてきたと確信を持っている人が多い。(号泣)

日本の税金は 行政サービスの量(あえて質とは言いません)に比べて安すぎた!
もう国民も行政に甘えるのはよそうよ!
甘えれば 甘えるほど 私たちの子世代が大変な重荷を背負いことになる。
親世代の甘えが作った国の借金なら 良識的な国民なら 汗水流して働いて 親世代の借金から逃げないで われわれ子世代がちゃんと払ってゆこうよ!

もう時間は無いのだよ〜〜〜!
誰が借金を大きくしたか・・・犯人探しすることも 役人たちに軌道修正してもらって同じ過ちを犯させないことも大切だけど 重い現実をさっさと受け入れて 現実的な借金の返済方法(税金の現実的な値上げとか 現実的な年金の掛け金の値上げや給付金の金額の値下げの具体的数値)を検討して とりあえずでも良いから 今すぐ ちょっとずつでも 実施(前進)してゆくのが懸命じゃないのかなぁ・・・
などと思う貞子なのであった・・・・
こいうった貞ちゃんの意見も決して異端ではないってことを わたしは信じたい。

現在でさえも 年金問題だけ見ても 支払額が年間40兆円以上にも登っているって事実!!!!!
もうすでに 国家の税収(だいたい45兆円前後)の ほとんどが 年金の給付だけで吹っ飛んでいるという重い現実。 年金や医療費も含めて国から国民へ支払われる社会保障関連の支払額だけでも もう90兆円近くになっているのという重い現実。(共同通信の記事から拾った数字である。 あまりにすごい数字なので ブログに忘備録のようにして記したのだった・・・・やっぱり日本は資本主義なんかじゃない・・・日本は社会主義国家だ・・)

で 個人的には 日本円は今のうちにコツコツ外貨に換えておこうって 元の考えに戻るのであった・・・・
(でも やっぱり公務員の方は 資産家の高齢者で老害の始まった人の次に 好きになれない・・・・)

PS フィナンシャルジャパン1月号 昨日届きました。 面白いですね♪


-----------------------------7d41f22c10352
Content-Disposition: form-data; name="denycomt"

1
0

2004/9/29

年金問題ー残された時間・・・犯人探しする時間はあるのか?A  


元に戻ろう!
現在でも 年間の年金給付金は40兆円以上に登っているのだ・・・・これは もう既に日本の国の税収一年分が まるごと全部吹っ飛んでしまう金額なのだ!
すると 団塊の世代が 定年退職し始める10年後あたりにからは 年金給付のために いったいぜんたいどれだけの金額が 国家予算から(?)飛んで行くのだろうか????

私の頭の中には 厚生省の『人口問題研究所』の人口ピラミッドが 悪夢のように浮かんでくる・・・・小学生の頃(昭和40年代初頭)に学んだ人口ピラミッドはピラミッド型をしていたのだが・・・・悪夢のように浮かかんで来るのは、近年の逆三角形に近い つぼ型の人口ピラミッドなのだ。
Kfiクラブで 木村さんから教えていたたが 年金の財源不足はおよそ500兆円とのこと。
でも それって 団塊の世代が 続々退職し始めたら 逆ピラミッドの人口構造で いともたやすく 吹っ飛んでしまう。
年金制度のシステムとしての持続可能性への改革残された時間(タイムリミット)って もう無いのだ。
これってさ〜 役人が年金で私腹を肥やしているのが けしからん!とか どこやらの年金福祉事業団が箱物ばかり作っていて けしからん!とか 年金の運用担当者が年金の運用に失敗して けしからん!とか 女が子供を産まないから けしからん! とか 金持ちの年寄りまで年金貰うのは けしからん!とか 
そういう 億単位、一兆円単位のお金の流れをけしからん!!!と言って 犯人探しなんかしている場合じゃないってことですよね。木を見て森を見ないことだ!
ましてや 万単位の未納問題ばっかりを けしからん!とニュースで流しているマスコミも かなりこっけいってことですよね。(確かにそういったものの複合汚染も原因のひとつなのだろうけど・・・)
何十兆円もの単位で動いてる年金制度(システム)そのもの自体が 現実問題として すっかり陳腐化し、硬直化しているという現実そのものを もう どっしり受け止めるしかないと思います。
国民みんなで もう どっしりと 受け止めるしかないないのだ。
0

2004/9/29

年金問題ー残された時間・・・犯人探しする時間はあるのか?@  



おりしも 先週の共同通信の記事で 日本の福祉予算が年間90兆円近い数値になっているという報道を得たところです。そのうちの年金給付に振り分けられる予算は40兆円以上に登っているとの記事。
ねねね これって 国家の税収(だいたい45兆円前後)が ぜーーーんぶ 年金の給付に 消えていっているってことだ!!!
しかも福祉予算全体は 国家の税収の2倍に上っている。。。。。やっぱり日本って資本主義の国じゃなくって社会主義の国だったんだ・・・・
すごい数値ですよねぇ・・・・
ほんと! もう今でも 年間の年金の給付額だけ見ても 40兆円を超えており それは国家の税収のほとんどがぶっ飛ぶ金額に達している・・・その金額はなんと40兆円以上!!!!!
不謹慎ながら・・・心あるお年寄りなら 今すぐにでも 年金給付を国へ返還してほしいような気持ちになってしまいます。子供に財産を残さなくてよいから 資産家のお年よりは 年金を受け取らないで 資産を食いつないで欲しいような気分に ついなってしまう。

わたしは 子供を一人しか産まなかったのです。誰になんと言われようが 一人しか産まなかったのです。その理由は 一言で言えば 子育ての環境が悪すぎた!教育環境も 住宅環境も 地域環境も 女性の労働環境も・・・すべての社会環境が まるごと 複合汚染のようにからみあって わたしは 子供を一人で充分だと決めたのです。

子の親のなって見ると こんな せちがらいご時世だからこそ 子供には ついつい財産のようなものを残したいというお年寄りの気持ちは 判るような気がします。
『子孫に美田を残さず』という古いことわざの意味を痛いほど理解できる年齢にも達しておりますが、
その一方で もし自分が年寄りになったら・・・・老害やボケが始まっちゃって 使い切れないほど財産を持っていても 国家がくれるというものを ありがたがって貰っちゃうと思う!

あぁ 今の世の中がせちがらいのは 財産を貯めこんでいる老人のせいだぁああああ!とか叫びたくなってきたwww
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ