尼将軍:貞子 爆誕!!!?? ブログ「貞子ちゃんの連れ連れ日記」が、有料まぐプレ「資産形成・マクロ経済 de あそぼ♪」の創刊とともに、リニューアル・オープン! 2009年4月末、大不況の入口で、ついに、貞子の進化系モンスター「尼将軍:貞子」爆誕!!!! 「自分だけ貧乏?」「自分たちの世代だけが貧乏くじを引いた??」「明日は今日より貧乏になる???」と感じたとき、悔しさや怒りを覚えるのは、心理学の見地から見ても、「正当」かつ「健全」な感情です。 わたし達や私たちの子供達は、将来も物心ともに豊かに暮らし続けたいと願う「正当な権利」を持っています。 このブログは、15歳の我が娘が大人になる10年20年後の日本経済を見据えて書き綴る日記です。 「持続可能な豊かさを維持してゆくことへの希望」を決して捨てません。 中長期的視野に立った金融・経済・福祉・心理学中心の「戦う母親ライター日記」です。

2009/5/19

政界「鳩ポッポ兄弟対決」「旧型鳩インフルエンザ」の悪夢  

なんとなく最近「白昼夢」を見る。

鳩山兄が民主党代表になった。

個人的には、私は岡田克也氏のほうが好きだ。
「岡田さんのほうがずっと好き」というには、これと言ってたいして理由はないのだけど、あえて言えば、
岡田さんは苦労されて笑顔が素敵になったこと(フェロモン増加!)、さらには、自民・民主の垣根を越えて「超党派」を組んで「持続可能な年金改革」に熱心に取り組んでこられた実績があること、などなどだ。

この超党派による年金改革については、私の1月5日のブログ記事、
『報道されない超党派による「最高の年金改革案」』
 http://angel.ap.teacup.com/applet/newsadakoblog/20090105/archive
などを、参照されたし。



それに比べると、鳩山兄は、総理大臣後半時代の小泉元首相のように、だんだん「サリーちゃんのパパ顔」(どこかしら、ちょっと悪魔顔)になってきたので、これは単純に「女性の第六感」で、どうしても好きになれない。


そして、鳩山ポッポ大臣のほう。
この人は、もしかして、総理大臣でも狙っているのかと、ちょっと怖い。
最近「票田欲しさ」の何でもあり大臣になっていらっしゃるような気がするのが、鳩ポッポ大臣。

「新型インフルエンザ」(豚インフルエンザ)はメディアだけが騒いでいるけど、猛威は全く振るっていない。相対的に免疫力の低い10代の若い世代に、ほんのちょっぴり広がっているようだけど、ウィルスとしてはかなりの弱性のようだ。

我が娘は先週末金曜日の夕方、関西の修学旅行から帰ってくいたばかり。
行き先が関西だったこともあり、日曜日には学校から緊急連絡網が回ってきた。
「月曜日の朝、風邪気味だったら、熱を計って、熱のある生徒は先生と電話で相談してから、登校を決めてください」との連絡だった・・・・。

けれども、母親同士の会話は、至って平穏。
「鳥インフルエンザ、サースに続いて、もう三度目よね」
「これって三度目の正直ってやつ???まさかね〜〜〜」
「弱性で症状も軽いらしいよね」
「普通の風邪と同じみたいよね」
「うつったら、暖かくしてゆっくり休んでいればよいだけじゃない???」
「うちの子はインフルエンザで症状重くなったことないのよね」
「神経質な家もあるしね〜〜〜。風邪引くと時々入院しないといけなくなる子も、たまにいるしね〜〜〜。」
「(連絡網は)そういう虚弱な子への配慮かしらね???」



その一方で、日本の政界では、旧型「鳩ポッポ・インフルエンザ」が猛威をふるっている。こちらは、高齢者などを中心に伝染力も強く、症状も重そうだ・・・・。


この鳩ポッポ大臣が、総選挙で自民党首相になったりしたら、どうしようか・・・。
なんて、白昼夢にうなされることがある・・・。

すると、かつての日本相撲協会での、「二子山部屋:二世横綱:独占禁止法違反」の「若貴兄弟対決」みたいな感じで、政界でも「二世議員:独占禁止法違反」の「ポッポポッポ兄弟対決」なんて、悲惨なドラマが巻き起きるのだろうか・・・。
(T T);←旧型「鳩インフルエンザ」の初期段階の悪寒かも〜。免疫ないし・・・。

ちなみに、バブル崩壊後に、「若貴兄弟対決」が象徴した二子山部屋の独占によって、日本相撲協会は急速に衰退してゆく。日本相撲協会が復活し始めるのは、2003年に入ってからだ。この復活の時期は、独占禁止法違反の二子山部屋の衰退がはっきりし始めた時期と、物の見事に重なっている。



貞子まぐプレの今週金曜日の臨時創刊号第2号のお知らせです♪

臨時増刊第2号では、「ずばり言っちゃうかもよ!!!一番リスクの低い買い増し時期は、向こう半年のうちでは、はたして何時頃なのだろうか?」を皆様と一緒に考えてゆきます。

こちらの貞子まぐプレは、わずか、378円/月ぽっきりです!!♪
しかも、最初の一ヶ月間は購読無料です。
今ならバックナンバーも無料です!!♪(定期、臨時、どちらも読めます!!!)

今後は遠隔地にお住まいの方向けの、貞子まぐプレ臨時増刊「貞子のフィナンシャル・クラブセミナー見聞録」シリーズも企画中です♪


購読予約のご検討のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
愛読者の方々が一人でも多く集まれば集まるほど、貞子まぐプレの内容と質を維持しつづけることが可能になります。
m( )mぺこ〜〜〜


メルマガ登録・解除


 




0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2009/5/19  17:58

 

オリックスとかんぽの宿について。

オリックスは私の知る範囲では優秀な企業だ。
私の知る範囲では、オリックスやオリックス不動産は日本国内では「不動産の証券化」技術や「ノンリコースローン」技術などの、欧米では今では当たり前になっている優秀な金融技術に一番詳しい 

2009/5/19  17:57

 

かんぽの宿を一度も利用したことのない多くの人々が、あるいは経済評論家と呼ばれる多くの人々が、オリックスが「かんぽの宿」をバルクセール一括購入したことを批判していた。

ちなみに、私はオリックスの宮内氏とも面識は全くない。
あるわけない。
けれども、オリックス 

2009/5/19  17:56

 

塩爺こと塩川正十郎氏が、日本の一般会計と特別会計の関係を揶揄して、「母屋でおかゆをすすっているときに、離れですき焼きを食べている」(一般会計が赤字を削っているのに特別会計で浪費していることを揶揄した表現)と表現したことは、あまりに有名だ。

日本政府の無駄 

2009/5/19  17:56

 

鳥取県岩美郡岩美町の「カンポの宿」が東京の不動産業者へ1万円でたたき売られて、その後、社会福祉法人へ6,000万円で転売になったことについて、鳥取県岩美町に土地勘のある私が説明してみると・・・・。

東京・大阪・名古屋などの都会の暮らししか知らない人には、 

2009/5/19  17:55

 

いろいろググってみると、鳥取県岩美郡岩美町の「かんぽの宿」を日本郵政から果敢に安値で購入したところは、東京都中央区銀座の不動産会社だったようだ。
売却額はなんと「1万円」だったという。

その半年後あたりに、鳥取市内の社会福祉法人がこの「岩美町のカンポの宿」 

2009/5/19  17:55

 

日本国内。

こんなAIG:10兆円赤字が表面化しているという「世界規模での有事」(世界規模での金融激震の兆こう)が起きているという時に、

日本は、鳩山邦夫が「文化財として守る価値がある!!!」というだけで、日本郵政の丸の内の中央郵便局建物の再開発に「待っ 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ