2005/4/28

本編12  昼メロ虎ヒミ

シリアスはどうも苦手らしいと最近思うようになりました。
そもそも得意なものがあるのだろうかという疑問はさておき、シリアスを書くと鬱々とした気分になってしまうんです。
読むのは大丈夫なんですけどね。


その数日後、ヒミコはとあるチャリティーパーティーで演奏をしています。
かなり大規模なもので国内外からの貴賓が集っているものです。
出席者はみな音楽に聞きほれ、ヒミコの演奏と美しさへの賛辞がときおりさざめきのように起こる以外、会場は静かです。
精魂込めて演奏しながらヒミコはふと、何かに導かれるように視線を泳がせ、そしてそこに信じられない人物の姿を見ました。
片時も忘れたことがないその姿・・・・・!
ヒミコはだらりとヴァイオリンを下ろしました。
聴衆の間にざわめきが広がっていきます。しかしもはやヒミコは今いる場所も何をしている最中だったかも心にありません。呟きが唇から漏れます。
”・・・トラ・・・ちゃん・・・!!”
人々の間でその姿はひときわ精彩を放っていました。上等なスーツを身に付け手にはグラスを持って少し離れた場所に立っていたその人物は、まさに虎王に見えました。しかし束の間ヒミコとしっかりと視線を合わせたかと思うと、直ぐについっと後を向いて去っていこうとしました。
”待って!!”
ヒミコは叫んで追いかけます。慌てて駆け寄った主催者にヴァイオリンを押し付け、いまや騒然となった人込みを掻き分け、虎王を探します。
しかしもはやその姿はどこにもありませんでした。


だんだんあらすじっぽくなくなってくのは何故何故何故〜

0

2005/4/24

本編11!久し振りー!!それより更新はー?  昼メロ虎ヒミ

もう直ぐ最後に小説アップしてから2ヶ月だよー!
来てくださってる方ごめんなさい。

どうも最近書く気力がなくなってきて。スランプ?
というか何から書けばいいのか分からない。シーンシーンの単品は頭に浮かんでくるんだけど。
それが主にワタヒミシーンだったりワタ虎シーンだったり。ワタルばっか。
実はトラよりワタル好きだったのかなあ・・・私?
でも誕生日には特に何もしなそう。
ごめんワタル。ここは初めから虎王誕生日以外どうでもいいサイトだったのだよ。

というわけでせめても昼メロの続きを久々に。それも3ヶ月前だから忘れてるなあ・・・・

 前回から更に数年後・・・・
 ワタルとヒミコは結局虎王が死んだことを受け入れざるを得なくなって、結婚しています。(トラヒミスト激怒!!(笑)・・・ おっと懐かしいなこれ)
 二人の間には2歳の男の子がいて、タケルと名付けられています。勿論(?)ワタル似です。
 ヒミカはワタルのことを気に入ってて、”オヨメさんにして!”とか”おムコさんになって!”とか(笑)よく言ってたので、二人が結婚したときはかなり機嫌を損ねて、何日も口を聞かなかったものですが、タケルが生まれてからは弟をとても可愛がるようになっています。ワタルは貿易会社を経営し、ヒミコはヴァイオリニストとして国内外で公演を行うようになっており、幸せで満足した生活を送っています。
 しかしふとした拍子にときおりヒミコの瞳をよぎる哀しみにワタルは気付いており、そんなときはワタル自身も炎のような激しさで戦場を駆け抜けた懐かしい友の面影を心に思い描くのでした。

 ところでヒミカはかなり気の強い女の子で、よく近所の男の子と喧嘩して帰ってくるのが困りの種でした。金髪碧眼で目立つ上にメチャクチャ可愛いから男の子にちょっかいをよくかけられるんだけど、黙って苛められる性格じゃないから2倍にも3倍にもして返してしまうんですねーー
 あ、ちなみにヒミカは金髪碧眼だけど顔はヒミコ似と言うことでお願いします。って前書いたっけかな。

 ある日ヒミカが帰ってきたときの様子が少し変でした。服が汚れたりかぎ裂きを作っているのはいつものことなんだけど、手に一輪の花を持ち、どことなく考え込むような様子でした。
 ちょうどヒミコが外出しており、ワタルがヒミカを迎えたのですが、ヒミカに何があったのか聞きました。
 ヒミカはワタルを見上げました。少女の青い瞳にひたと見つめられると、ワタルは虎王を思い出さずにはいられませんでした。
 ”虎王はいなくなったわけじゃない”
 ワタルは急に思いました。
 ”虎王はいつでも、心の中にいる。僕の心の中に、ヒミコの心の中に”
 確かにその通りでした。
 互いに心から愛し合い、満ち足りた生活を送っていても二人の心の中から虎王の存在が消えたことはありませんでした。
 ワタルにとって虎王との友情は純粋で強固で特別なものでした。日常を離れたところで共に命を懸けたという間柄だったからこそ、結べた絆。それが”戦友”というものであり、それはおそらく死地を経験した者達にしか本当の意味では理解できないものなのです。
 そしてヒミコにとっては初めて心から愛した人。
 二人とも口には出さずともヒミカの金の髪に虎王を思い出し、また森羅の中に虎王の気配を見出していたのでした。そしてそれが、同じ大切な人を失ったという共通の痛みが、ワタルとヒミコの絆を強めていたのも、また事実なのでした。二人の間の愛情は紛れもない真実のものであったのですが。
 
「父様は、初めからあたしの父様ではなかったのよね?」
 ヒミカはこの頃ようやくワタルを”父様”と呼ぶようになっていました。ワタルは一瞬言葉に詰まりましたが、ヒミカから目を逸らさずにはっきりと答えました。
「ああ、違う。ヒミカはヒミコと、僕の大切なトモダチの間に出来た、大切な子なんだ」
「あたしの本当の父様は、あたしみたいにきんいろの髪と青い目だったの?」
「・・・ああ」
 ヒミカは黙り込みました。
「でも、どうしてそんなことを聞くんだ?誰かに何か言われたのか?」
「ううん。きんいろの髪のお兄ちゃんがこのお花をくれたの」
「え!?」
「あたしと同じ色の髪の人を見たの初めてだったから、それであたしの本当の父様はどんな人だったんだろうと思ったの」
「ヒミカ、その人はヒミカに何か言ってた?どんな見た目だった?」
「んー、あたしに”女は丈夫なのが一番だ”って言って頭を撫でてくれて、このお花くれてから直ぐ行っちゃった。かっこよかったけど、父様の方がずっとかっこいいと思うな!」
ヒミカはそう言って極上の笑顔を見せると、ワタルの首に両腕を回しました。



あれれ、なんだか妙に力入れて書いてしまいました。そのせいで思ったシーンまで辿り着けなかった。なんか語ってるしw
でも気楽に楽しかった♪ちょっとリハビリかな。でもこれから本格的に泥・・・
ヒミカはファザコンですな。ワタルが父親だったら女の子はみんなファザコンになりますよ、当然ですよ!!
虎王が父親だったら・・・・あまり想像できないなあ。虎王が幸せな家庭持ってるところは。


0

2005/4/16

永遠のドーアを〜♪  ワタル

開けばはじーまる〜♪(何いきなり歌ってんだか)

とうとう”終わりなき”見ました!見ましたよ!(以下ネタばれ注意)
長野では丁度桜が今日当たりから見頃を迎えているところなので、もう私の頭の中はすっかり”終わりなき”でいっぱいです。
虎王・・・君ってやつは!君と言うやつは!!
うっうっ・・・・・。・°°・(>_<)・°°・。うわあああん!!
とっても気になる最後のシーン。
あの後どうなったんだろう。すっごい見詰め合ってましたね。ものすんごく見詰め合ってましたね!!キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー!!

冒頭の翔ちゃんとヒミコがとても可愛い。翔ちゃん結構活発なんだ!いや、まあ2でも凛々しかったけど、あんなふうに抜け出すなんてね〜!
翔ヒミ一緒にいて違和感なかったよ!
洞窟なんかに隠れて何するつもり?もしや、お医・・・・(自主規制。ひー!汚れた大人の私をお許し下さい!)
あ、でもヒミコ絵柄は2なんだけど性格1っぽかったな。というより女の子っぽい気がする。かわいいよ〜〜
だけどワタル達追って、あそこまで自分ひとりで行けるヒミコってすごすぎる。やはり只者じゃない!

しかし芦田先生ワカメ頭好きなんですかね。多いよねワカメ頭!

2話で虎王が海火子を肘でつつくところが好きだなあ。うんうん、いいよね!ああいう男の子同士の感じって!

全編通して映画みたいですね。
話には聞いていたけど映像とても綺麗。音楽も綺麗。
虎王の瞳がときどき青じゃなくてトルコ石の色だああ!!
虎伝っぽい部分もあるけれど虎伝よりはあっさりさっぱりしている・・かな?
ちょっと笑えたのが虎王が「オレ様とワタルは・・」まで言って必ず言葉切ってワタルを待ってるところ。
あ・・合言葉!
自分で最後まで言わないでワタルに続きをどうしても言って貰いたいんだね!かわいい奴だよ君は!!(笑)


しかしいろいろ謎がありますね、この話もまた。
でも、すべてに理屈がついてしまって想像の余地がなくなるとお話の広がりってもんがなくなるのでこういう感じのほうが好きかも知れないです。
”余韻”というものは大切です。


今日はサウンドトラックを聞きながら寝るとします。昨晩寝たのは12時半で今朝5時半に起きたんだあ・・・も・・ねむ・い・・・・

0

2005/4/14

しょっぴかれた・・・  日常

違反切符を初めて切られてしまいました。ショック・・・・
混んでいる交差点を避けて入った道が進入禁止だったようで、7000円がこれで消えてしまいます。あああ自己嫌悪。
しみ一つなかった私の運転暦にこれで汚点が!(/_<。)
3ヶ月すれば点数消えるそうなんで、それまでなるべく車運転したくない・・・
雨が降ろうと、風が吹こうと、口から火を吹く小さな怪獣がいっぱい降ってこようとしばらく自転車にしよう・・・(ほんとに落ち込んでるんか!?)

ところでこちらは桜はこれからです。開きだしてるのもあるしまだ蕾のも。
職場の近くの公園が桜綺麗になるので、咲いたら昼休みにぼーっとしに(浸りに)行こうかな。
でもそれより一足先に京都へ行って堪能してきました。
ここ数年ずっと毎春秋京都に行きたくなってたのですがやっと行けました^^
綺麗だったけど混んでて死にそうだった。
平安神宮の庭園に行ったら”石蕗”と書かれた草があって”へーこれがそうかあ、花咲いてないの残念だなー”と思ったら、その隣に”はこべ”と書いたのが!
七草が植えてあるの?はっ!で、では・・・・もしや!
探したらその隣の隣にありましたよ!”御形”が!
監督、もしや虎王伝説の構想練るときここにいらしてたのでは!?
一気に心は虎伝ワールドへ!
にしても桜が咲いてるのにそっちじゃなく、何も花の咲いてない草をやけに嬉しげに眺めてた私はかなり挙動不審。

ところでむかーし修学旅行に行ったときにですね、天龍寺の池の鯉がものすごくでかくて、池のふちからはみ出てしまいそうに頭を出して口パクパクして、今に池を出て別の生き物に進化してしまいそうな勢いだったんですけど、今回見たらそうでもなかったです。
きっとあのときの鯉は鰭が脚に変わってぺたぺたと食べ物を求めてどこかへ行ってしまったに違いない。本当にそう思えるくらい気持ち悪かったんですよー!
0

2005/4/3

(無題)  日常

冬服仕舞った途端に明日は雪か・・・・
もう四月なのになあ。
あ〜春がはるばる(^u^)プププ
(向山先生〜♪最近サイトが怒涛のように更新されていて嬉しくてしょうがないんですよ。半分日記状態のコラムが面白くてたまらない。興味ある方はリンクからどうぞ♪)


美容院で髪洗ってもらっているときについワタヒミシーンを思い浮かべてしまい、顔がニヤ付いてやばかったので見破られないように顔をしかめてました。ワタヒミ〜これいつか絶対書いてやるんだい!
お金を払うときになって財布の中身が残り少ないことに気付いた。むう?おかしいなあ、昨日おろしたばっかなのに。
春は危険です。出来るだけ服屋さんには近づかないようにしないと。ついでにドラッグストアに入るときは”どれもおなじ、どれも同じ!”と心の中で唱え続けて意志を強く持ちように!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ