2004/12/30

1月1日に  HP更新

なんとか更新できそうです。
あーもう風邪で眠い眠い〜
眠らずにすむロボットのような鋼鉄の人間になりたいー
でも眠るの好きなんだけど^^
暇なときに趣味で寝るだけでよきゃいいなー
年取れば自然にそうなるかな

今日もう数の子食べました。栗きんとんも。
季節感のない人間ですね。
どっちも大好き♪
数の子はねー醤油漬けがいいの!塩味じゃなくてね!
一人暮らしのときは数の子一パック買ってきてそれだけがご飯ということがよくあった。あとチューハイ1、2本飲んで終わり。
ただれた食生活だー
きゅうりだけってこともよくあった。レタスだけってことも。単に貧乏?
いや、ちゃんと料理したりもしてましたよ一応。それなりに。

でも数の子は一人でいくらでも食べれるよ。
いくらもいくらでも食べれる。いや、オヤジギャグじゃなくほんとに。
一度でいいからいくら山盛りてんこ盛りのどんぶり食べたいー!
いくら5ご飯2位の割合で。

それよりさっきから伊倉と何度も変換してしまってから直してるんだけど。伊倉さんの声もいくらでも聞いてられるうううー(オイオイ風邪でおかしくなってるよ)
職場によく伊倉さんって男の人が来るんだけど、その度に虎の声を脳内で再生してしまってニヤ付く顔を伏せている私はきっと不審に思われているだろうなー
伊倉って新潟に多い苗字なんですってさ、へー

いかん、もう既に本能だけが起きている状態のようです。
もう寝ます。
明日は栗きんとんについて語ります(もういいって)

0

2004/12/29

また風邪  日常

今日から休み♪
と喜んでたらどうもまた風邪みたい。喉痛い〜寒気が〜
一昨日仕事で外に出たとき、あまりにも寒くて凍えて”これで休みになった途端に風邪引いてたら切ないな〜”と思ってたらその通りに。泣けてきますY(>_<、)Y
そういえば昔から正月休みとGWは風邪引いて過ごすことが多いなあ。
気が緩むのかな。

今日は静岡から兄が帰省〜
なんか宮城谷昌光の本(しかもハードカバー)を邪魔だからと大量に持ってきた。
これ全部読めと?読んでやろうじゃないですか。いつかね。
自分の中では中国ブームは小学生〜中学くらいまでだったので最近はあまり中国物読んでなかったのよね〜
最近は泣ける話が好きになってきた。これはおばさん化の兆しなんでしょうか。
泣ける話一番はやっぱり童話物語ー!!
これは最低でも3回は泣いた。
あと、東カールシープホーン村。条件反射で、開いただけで泣ける(笑)マリーアンが可愛いのよ〜

1月1日に更新しようと、準備中です。本文はほぼ完成だけどその他もろもろがまだ。
間に合うかなあ。
まあ、ダメだったら3日までにアップします。

0

2004/12/18

書いてます  HP更新

昨日から頑張って虹ソナの続き書いてます。
何か書き出すと止まらなくて、一話一話をどこで終わらせればいいか分からなくなってます。まあ、それなりにネタはいろいろ考えてはあるんですが、辻褄もまとまりもないという・・・もう行き当たりばったりです。
まあ、初めからそうですけどね^^
しかし、シリアスは目指していないのにどうしても一抹のシリアスが入り込んでしまう気がするのは何故かなあ。
いつアップできるかは分かりませんが出来れば年内に・・・
無理なら元旦アップ?ううーん・・・

気分転換に昼メロ書こうかと思ったけど、肩こったのでまた今度。
0

2004/12/12

本編5  昼メロ虎ヒミ

12月はボーナスー!!
DVDレコーダー買ってあれ買ってこれ買って・・・
といろいろ考えてたら、忘れてました、今年今月車検だった!!
喜んだのもつかの間、10万近く軽く吹っ飛んでいってしまいます(T.T)
タイヤもそろそろ履き替えなければならないし、ああ、めんどくさい。

さて、舞台はここで戦地に移ります。
場所は・・満州?
満州ちょっと寒そうなので、どっか東南アジアのあたりのジャングルということにしましょうか。
虎王は軍に入った当初から、その華麗な(笑)容姿と苛烈な気性でめだちまくります。と書くと、銀○伝の皇帝みたいだな・・
金持ちなので平の兵士ではありません。かといって、あまり高い階級もなんなので、少尉くらいですかね。
軍のこと全然分からないので、このあたり適当です。

そこで、虎王に試練が待ち受けているのです!!

虎王は上官に道ならぬ想いを寄せられ(男ばっかの環境だもんねー)、それを拒絶したせいで、ひどくいびられることになるのです!!
本当は、金髪だし、ちゃらちゃらした奴だと上官にいびられることにしようかと初め思ったのですが、そうするといまいちベストキャスティングが見つからないのでこうしました。
この設定だと当てはめることの出来るキャラがぞろぞろと(笑)
ここでは闇の救世主にしておきましょうか。虎王少尉の上官の闇中佐。

虎王にのみ課せられる無茶な命令。容赦なく飛ぶ拳。
軍という階級制度の中では逆らうことも出来ず、歯軋りしながら耐える虎王ですが、あるとき堪忍袋の緒が切れて、闇中佐をギッタギタのボッコボコにしてしまい、営倉送りになります。

そして、そこで・・・・!!



0

2004/12/5

本編4  昼メロ虎ヒミ

随分あいだ開いちゃいましたね。
うーんやっぱりとろいです私。
そりゃあもう、12月に桜の花が咲いている話をアップしているくらいですから。某サイト様の某企画にも参加したいなあなどと実は密かに思ってたりもしたのですが、無理っぽかったので参加表明しませんした。そしてやっぱり無理だった。よかった何も言わないどいて。
だって考えたけど、あまりにもバカバカしいのしか思いつかなかったんですもの。妄想する分にはすごく楽しかったけど、ちょっとどうかなあと。

そうそう、続きでしたね。
まあ、そういった嬉し恥ずかしドキドキなエピソードを繰り広げつつ、虎王とヒミコはお互いに惹かれ合っていきます。うん、まあそうじゃなくちゃね。

しかしそこで悲劇は訪れるのです!!

突然倒れる翔龍子!!
そう、彼の体は病魔に蝕まれていたのだった!!
もってあと2年の命だとの宣告を悲痛な面持ちで聞く虎王とヒミコ。これで虎王が神部家を継ぐことは確定したようなものだが、病気の翔龍子を差し置いてヒミコと幸せになることはどうしても虎王には出来なかった。
そしてヒミコもまた苦しむ翔龍子を見捨てることができない!!

そしてある日とんでもないことを虎王は言い出す!!
兵役に志願したと言うのだ!!
周囲の反対にも関わらず、虎王の決意は固い。
そう、それこそが苦しむ翔龍子からヒミコを奪うことは出来ないと、虎王が下した決断であった。
”虎王・・・お前は、バカだ・・・”
ベットの上で淋しげに呟く翔龍子。
誰よりも虎王の気持ちが分かるだけに止めることができないヒミコ。
3人の想い合う気持ちが切なく絡み合って、うう、もう涙涙です(T^T)

そして明日出征という晩、ヒミコは虎王の部屋をこっそり訪れる。
”トラちゃん、待ってるから。生きて、必ず生きて戻ってきて!!”
”ヒミコ・・・”
見詰め合う二人。背後に切ない音楽。呼び方がいつのまにかトラちゃんになってるのは私の好みだからです。
”信じてるから、トラちゃんは決して無駄に死んだりはしない。約束して、もう一度あの雨上がりの日のように同じ虹を二人で眺めるって・・・!”
ヒミコの声は途中で涙に掻き消える。雨上がりの虹なんて書いてあったけと、前の日記を見返してもそんなシーンはありません今思いついたんだもん(笑)
虎王はそんなヒミコを見て我慢しきれずその背中に両手を回して抱き寄せる。目と目を見交わす二人の唇がだんだん近づいていったところでCM。キー!!いいところなのに!!

CMが終わると場面は変わってちゅんちゅんと雀が鳴いています。
神部家の門の前では、軍服に身を包んだ虎王がみんなに見送られています。これが又かっこいいんだ。
しかし見送りの人々の中にヒミコの姿はなかった。
”虎王様がご出立されると言うのにヒミコ様はどこへ・・?”
と気を揉むドンゴロに、虎王は
”いや、いい”
丁度1でヒミコにマフラーをかけてあげたときの表情で言うんですね。
その顔を見てはっとした翔龍子は、虎王の部屋の窓を見上げます。
で、また画面は切り替わって、白いレースのカーテンがひらひらと揺れる部屋、虎王のベットで目を覚ますヒミコを映し出します。
目を開けたヒミコは自分の体に虎王のマントが掛かっているのに気付きます。
起き上がってマントを体に巻きつけます。そのときヒミコが何も着てないのがチラッと映ります。
キャーO(≧∇≦)O
やっぱそうでなきゃー、ね!ね!
”トラちゃん・・・”
切なげに呟いて窓の外を眺めるヒミコ。

時代は急を告げ、戦火の足音が近づいてきつつあります。
そんな中、3人の運命は!?
そしてワタルの出番はいつだ!?


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ