2012/5/13 | 投稿者: pippi


昨晩気がついた。

小僧、2010年の思い出。」に抜けていた、
2010年の大事な事。



クリックすると元のサイズで表示します

タワーで休むこの写真の
ほんの10日ほど前の出来事。


『9月26日』
小僧が急にくしゃみを連発。止まらない。
体がだるそうだが、食欲は通常。便も通常。


『9月27日』
くしゃみが激しくなり、鼻水も飛び散るほどに。
ほとんどタワーから降りなくなる。
しかし、食欲はあり、便もこれまた通常。


『9月28日』
くしゃみの勢いが更にすごくなり、
熱があるのか、目が朦朧としている。
くしゃみと共に飛び散った鼻水に血が混ざっていた。



クリックすると元のサイズで表示します

引っ越してきてから、動物病院へ行っておらず、
ワクチン接種を受けるための
いい病院を探しているところだった。

もともと
「猫風邪のキャリアがあるかも。」
と言われていたので
風邪をひかないように気をつけていたが、
これが猫風邪なのかもわからず…

とりあえず、
里親募集の際からずっとお世話になっている
都内のかかりつけの病院に連絡。

症状を説明し、食欲があり、便がコロコロなら
とりあえず明日でいいだろうということ。
場所が離れているにも関わらず、
先生は快く、往診を引き受けてくれた。


『9月29日』
夜7時頃、先生が自宅に到着。
注射を打ってもらい、薬を処方してもらい…
家族以外の人に全く慣れない猫。
猫飼いの方ならわかると思うが
それはもう、惨状だった…

先生と相談し、今後のことも考え、
近所で早急に病院を探すことに。
薬は7日分もらう。

その間、注射と薬が効いたのか、
病状はアッという間によくなり、
2日目にはケロっとしていた。

薬が切れた7日目頃、先生に電話で相談。
完治したようだが、念のため、
近所の病院で診察をしてみてもいいとのこと。


『10月17日』
すっかり完治したようにも見えたが、
近所の病院へ連れて行き、
注射を打ち、薬を処方してもらう。
とてもいい先生に恵まれ、
翌年、こちらでワクチン接種もお世話になった。


小僧にとっては生後5年近くの中で
去勢手術についでの
ビックニュースだったはず…



クリックすると元のサイズで表示します

忘れちゃってたわけじゃないけど、
忘れてた…ね。ごめん、小僧。
(2010年10月7日撮影)




にほんブログ村 猫ブログ MIXキジ白猫へ







AutoPage最新お知らせ